無線LANルーター WZR-HP-G302H/E 転送速度測定

今日もあいも変らず、何も思いつかない日々を送っている。

そんな中で一度沸いた疑問がだんだん大きくなって

検証しないと気が済まなくなる。

職業病だろうか?

最近の一番の疑問は先日購入したBufflo製無線LANルーター WZR-HP-G302H/E のセットで

ついてきたWLAE-AG300Nの設定が本当にうまくいっているか? である。

しょうもない事にこいつはリンクレート(理論的な接続速度)を知る手立てが無いのだ。

セットアップCDについてきたLAN接続用確認ツールで本来はリンクレートがどれくらいか

確認できるはずなのに、結果は1Mbpsなんて無茶苦茶な値が出てる始末。

早くなんとかしてくれないものか・・・。

ここでリンクレートがちゃんと表示されていれば、自分で測定しようなんて気にはならなかった。



実際リンクレートが確認できるパソコンにおいても果たして実際の速度がどのくらいでているか

考えたことがあるだろうか?

リンクレートは所詮理論値、実測するとそれにより低いに決まっている。

でもどのくらいになるのだろう。

地上デジタル放送が始まって、動画データの基準がフルハイビジョン( 1920×1080ピクセル)

になっちまった昨今、転送レートは25Mbps以上が必要だと言う。

buffloのような無線LANを販売しているところの謳い文句にフルハイビジョンに対応するには300Mbps

なんて言っている。今の54Mbpsじゃ駄目なんだろうなと思って、この無線LANを買ったのだが、

果たしてどんな結果が出るのだろうか。


実測の方法についてはまたいつものように何も思いつかないので、フリーソフトを利用する事にした。

今回知りたいのはパソコン間やREGZAとパソコン間で実際に重いデータを送るときの速度なので

データの量と時間で自動的にMbpsの単位で測定できる転送速度測定というソフトを利用した。

このソフトのやり方は簡単そのもの、まずデータ測定に使うファイルを設定する。

100MBくらいのファイルがいいらしいので150.69MBのファイルを使う事にした。

次に受け取り側のパソコンの保存先を指定して転送開始を押せば、それだけで結果が表示される。

なるべく純粋にそのパソコンの送信と受信の速度が知りたかったので、一方のパソコンを

無線LANルーターに有線でしかもGbit LANで繋がっている圧倒的に早いパソコンを固定にして

実際の速度を計ってみた。


便宜上、我が家のパソコンの呼び名を決めることにする。

だって、いちいちパソコンの環境書いてたら大変でしょ。



LANは規格値と理論上の最大速度で表している。ちなみに11gと11nは無線LANだ。


WIN7(Pro64) ++ OS:win7 CPU:core i5 760 HDD:SATA300 2TB LAN:有線Gbit

WIN7(Hom32) ++ OS:win7 CPU:Cele Dual E3300 HDD:SATA300 500GB LAN:11n 150Mbps
(無線子機型番:WLI-UG-GNHP)

XP(Hom) ++ OS:WinXP CPU:Athlon XP 2800+ HDD:ATA133 40GB LAN:11g 54Mbps
(無線子機型番:WLI-UC-G)

XP(Pro) ++ OS:WinXP CPU:Athlon XP 2100+ HDD:ATA133 40GB LAN:11g 54Mbps
(無線子機型番WLI-UC-G)

それに加えてセットでついてきたWLAE-AG300N LAN:11n 300Mbps である。




まずは速度の遅い方から

Win7(Pro64) → XP(pro) 転送速度結果:13.7Mbps 電波状態:非常に強い
XP(Pro) → Win7(Pro64) 転送速度結果:21.32Mbps 電波状態:非常に強い
Win7(Pro64) → XP(Hom) 転送速度結果:16.82Mbps 電波状態:非常に強い
XP(Hom) → Win7(Pro64) 転送速度結果:22.79Mbps 電波状態:非常に強い

いや~この結果見た時にはちょっとびっくりした。

まさか理論値の半分も出ていないとは・・・・

地上デジタル放送に必要な25Mbpsなんてとても無理。

確かに11g規格の54Mbpsじゃハイビジョンはカクカク画面になってしまうだろう。

あと、送るほうより受けるほうが低いのはなぜなんだろう。



次に、一歩進化した11nテクノロジーの150Mbpsの結果を見てみよう。

54Mbpsから一気に150Mbpsだから2.8倍もの早さになる。


結果はというと・・・


Win7(Pro64) → Win7(Hom32) 転送速度結果:73.94Mbps 電波状態:90%
Win7(Hom32) → Win(Pro64) 転送速度結果:79.34Mbps 電波状態:90%


一気に早くなった。実質3.6倍にもなっているので満足のいく数字だと言えるだろう。

試しに有線接続の100Mbps時の実測をおこなったら80.58Mbpsだったので、有線の100Mbps

に匹敵すると言ってもいいだろう。

もしかすると、WZR-HP-G302H自体が11nの規格に最適化しているだけかもしれない。




さて、次はいよいよ大本命。

最も放送のデータをやり取りするWLAE-AG300Nの番がやってきた。

11n規格の150Mbpsの2倍である300Mbpsを謳っているのだからさぞかし早いだろう。

150Mbpsを超えてくるか?

期待は膨らむばかり。


しかしながら今回ばかりは測定に困った。

WLAE-AG300Nに測定ソフトをブチ込めるわけないし、WLAE-AG300Nの内部がパソコンで

見えるわけでもないので送りようが無い。

文字通り、何も思いつかなくなった。




モンモンと考え、数日が過ぎ、そして急にひらめいた!

正解かどうかはわからないが、LANポートが付いてるんだから、パソコンを有線接続すればいいじゃ

ないか。わかってみれば以外に単純。世の中そんなもんだ。

そこで、リビングに設置してあるWLAE-AG300Nにパソコンを繋ぐべく、2階から最もコンパクトに

構築してあるXP(Pro)マシンを抱えて駆け下りた。

接続してワークグループに参加したのを確認すると、期待に胸を躍らせながら測定を実行した。

結果は・・・・




















Win7(Pro64) → WLAE-AG300N   転送速度結果:58.72Mbps 電波状態:100%
WLAE-AG300N → Win7(Pro64)   転送速度結果:46.84Mbps 電波状態:100%




あれ?(゚д゚;) アレ?


なんか設定を間違ったか?

あ、そうか2階にある親機と1階のリビングじゃ距離があるもんな。

2階の親機側に持ってきて測定するが、結果は無情にも同じ。




あれ?(゚д゚;)



夢の150Mbpsは?無線LANルーターの進化を辿る旅のはずが、一転して買ってしまった後悔の

旅に変ってしまう。

その後も、設定がおかしいのでは?と思い、WLAE-AG300Nを手動で親機に繋げたりしたが

数値が上昇する事は無かった。


300Mbpsなんて出ないじゃないか!

これじゃまるで



高速無線詐欺だ!














































これで終わり?

これで終わったら、どこまでも追求する自分の性格が許さない。

XP(pro)をWin7(Hom)に変えてみた。

するとどうだろう




Win7(Pro64) → WLAE-AG300N   転送速度結果:93.06Mbps 電波状態:100%
WLAE-AG300N → Win7(Pro64)    転送速度結果:81.97Mbps 電波状態:100%
 

150Mbpsとは行かないまでも理論値150Mbpsの結果の80Mbpsを上回る結果が出せた。

この結果は無線LAN自体の性能に加えてパソコンやREGZAの性能が大きく利いてしまう事を物語

っている。

XP(Pro)とWin7(Hom)のマシンスペックの違いで倍半分も結果が違ってしまうのだ。

これは予想外だった、そんなにマシンスペックの影響がでるなんて考えてもいなかった。

ちなみに有線LANがGbitと100Mbpsだけの差でない。

XP(hom)マシンの有線LANポートはGbitだが、低い結果が出ている。

どうも総合的なパソコンのスペックのようだ。

a0093897_22351065.jpg






そうなってしまうと、つまりは

幾らパソコン上で転送速度が速い結果が得られても肝心のREGZAでその速度が出るとは限らないって

事だ。

ここは、めんどくさいけど、REGZAの実際の転送速度を測定しなくてはならない。

そんな事できるのか?素人なのでやり方が思い浮かばない。

いろんなサイトを調べ歩いて出した答えが

まず、REGZAからwindows7のXPモード上で認識できる共有フォルダにREGZAにUSBで繋いでいる

ハードディスク内のデータをダビングする。

そのダビングにかかる時間をストップウオッチで計測。

後からWindows7のXPモードで転送されたファイルのサイズを確認して、



ファイルサイズ(Mb) ÷ 転送にかかった時間(秒) でMb/Sを割り出す。

あとはこのサイトの下のほうにある便利な換算表を使ってMbpsを導きだすことにした。

実際の結果は次の通り




REGZA(WLAE-A300N経由) → Win7(Pro)(XPモード) 転送速度結果:32.9Mbps



(つ∀`*)アイタ~!


結局、REGZAの転送速度を考えると理論値300bpsの転送速度なんて40Mbpsもあればいいって

事になった。

なんの為の苦労だったのか。(つ∀`*)ヤレヤレ

ちなみに仮想PCであるXPモードの転送速度が異常に遅いって話もあるから、

XP(Hom)を使って同じように図ってみたけど、結果は同じだった。

REGZAの能力の問題だろう。きっと。





※当方の環境においての結果です。違う環境では同じ結果が出るとは限りません。 
 参考程度にお考えください。

[PR]
by yamazakura12 | 2011-11-04 21:25 | パソコン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamakan3.exblog.jp/tb/13942894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


クールに格好良くきめたいのに、やる事なすことお粗末すぎる男の日常を垣間見るブログです


by yamazakura12

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ブログパーツ

タグ

(449)
(80)
(35)
(26)
(22)
(20)
(17)
(17)
(16)
(15)

外部リンク

カテゴリ

全体
自作PC
ジャンク/修理
TV録画パソコン
auひかり
Windows関連
ゲーム
パソコン
料理
旅行
ハムスター
グルメ
ガンダムオンライン
PSO2
マビノギ英雄伝
マビノギ
自作PC パーツ構成
その他

スマートフォン
買い物
音楽
山勘物語

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2016-07-30 18:50
第800話 今度のジャンクマ..
at 2016-07-26 23:04
ギルド活動停止
at 2016-07-25 20:34
第798話 安物買いの銭失い..
at 2016-07-24 15:47
第797話 ジャンクとは動か..
at 2016-07-23 10:49

記事ランキング

その他のジャンル