大人気ケース Define R5 Windowを開封!

皆さん、こんばんは。
年末、どのようにお過ごしでしょうか。
お休みの人、お仕事の人
それぞれだと思います。
僕は珍しく、年末の掃除や年越しの準備を昨日終えて
ゆっくりした年末を過ごしています。
こんなにのんびりできているのは久しぶりですね。


さて、どのタイプのR5を買ったかですね。
一番人気はBlackの窓無しタイプのようです。
アマゾンでも12000円ちょっとで買えて、発売当初より安くなっているし
静音で稼働している事が気が付かない程のケースですから
サイドパネルもばっちり吸音材のついた窓無しを選ぶのは当然ですね。
色もBlackは昔も今も万人受けしますからね。
でも僕はBlack以外をと考えていました。
折角(僕には)高価なケースを買うんですから
月並みでは嫌だったんです。
色の候補はWhiteかTitanium Glayと決めていました。
Whiteの清潔感たるや、他を圧倒しています。
しかし、現物を量販店で見て、高級感がやや劣る気が僕にはしました。
Titanium Grayはいわゆる灰色ではないです。
黒っぽい金属が光った感じで、レビュー動画を見る限り
Blackとフロントパネルの色が違うだけのように見えます。
アマゾンのレビュー投稿数を見ると、あまり人気がないようです。
さっきも書きましたが、静音で稼働していることが分からないケースなので
サイドパネル窓ありタイプはちょっとコンセプトから外れるかもしれませんが
僕はどうしてもケース内のメカニカルな部分が見たいので、窓付きタイプと決めていました。
あとはWhiteとTitanium Grayのどちらを選ぶかだけでした。
クリスマスが過ぎて
年末に突入すると、R5がどんどん売れていき、
価格が高騰し始めました。
入荷予定と書かれていたので、入荷すれば一気に安くなると思って待っていたんですが
一向に入荷せず
Whiteは買えない価格のままでした。
そればかりか、もう一気に値上がりする限界のように思えました。
そこで、慌ててTitanium Grayの窓ありタイプを買ったのです。


購入したケースを開封していきますよ。
包装箱のあまりの大きさに度肝を抜かれて
箱を開けるのをためらいました。

少し仮眠を取ってから、開封を始めましたよ。
万全で望みたかったですからね。

ケーキ入刀ならぬカッター入刀です。
a0093897_22462963.jpg
ぱっかーん。
いよいよ憧れのケースをこの目で見ます。
a0093897_22471809.jpg
当たり前ですが、しっかり発泡スチロールで守られてました。
a0093897_22483913.jpg
ついにそのお姿が。
実物を全く見ていないTitanium Grayの色味はどんな感じなんでしょう?











































a0093897_22505657.jpg
おおw
金属っぽいフロントパネルの輝きに高級感を感じます。
この金属感を出しているのはヘアライン加工という特殊な加工がされてるためのようです。
Titanium Grayにして正解だったかも(^_^)

各部をチェックしていきます。
a0093897_22574110.jpg
扉を開けて光学ドライブ設置スペースとフロントフィルターを確認。
a0093897_23031554.jpg
フィルターに穴や粗い所も無く良好でした。

サイドパネルを外して中を隅々まで見ました。
サイドパネルがレバー一つでカシャンと外れるのは新鮮でした。
a0093897_23073837.jpg
付属品が揃っているかもチェックです。
全部揃ってますね。
a0093897_23091704.jpg
一安心です。
いたる所のネジが紛失防止のため、抜けずに留まってくれるんですよ。
いや~、細かい配慮がありがたいですね。
a0093897_23173450.jpg
右サイドパネルの内側に厚い吸音材が貼られていました。
(左サイドパネルのアクリルじゃないところにも貼られています)

裏面にSSDや2.5インチHDDを設置できるギミックがあります。
a0093897_23203020.jpg
外してみて不具合が無いか確かめました。
こういう所も精度良くできていて、嬉しかったです。
ストレージ設置スペースのアレンジは
まるで人気ワンボックスカーのシートアレンジのように多彩に変更できます。
このあたりも精度よく出来ていて、気持ちいいくらいに
スッと抜いたり、入れたりできました。
最後に付属ファンの動作確認を100V→12V変換電源を使って行いました。
3チャンネルのファンコンも装備していますので、そちらの確認も含めて
変換した12Vが得られる4ピンペリフェラルからSATA電源アダプタに接続して
ファンコン供給電源のSATA電源入力につなぎました。
ちょっと分かりにくいですね(汗

12V変換電源 → 4ピン-SATA変換アダプタ→ ファンコン電源

です。
もうファンコン用電源はSATA電源コネクタになったんですね。 
a0093897_23330506.jpg
よく回っていましたよ。
14cmの低速ファンなので音は静かです。

丁度1年前
Thermaltakeのキューブケース Core V1で不良を掴まされた苦い経験がありますので
今回はかなり念入りにチェックしました。

結果、全く問題なかったばかりか
精度の良さにびっくりですね。
やっぱりいいケースは気持ちがいい。


ここまで見てもらって、今更なんですが・・・・

今まで書いたことを既に動画で配信しています(爆

動画で伝わる事もありますからね。

ではでは

次回、ケース引越し編でお会いしましょう。




いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ
[PR]
by yamazakura12 | 2015-12-30 00:13 | 自作PC | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://yamakan3.exblog.jp/tb/22021590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by シンタロー at 2015-12-30 13:55 x
やっぱり新しいケースは高機能ですよねー
私の家ではcore2qadoが熱暴走するんですけど
新しいケースにしたらなくなりましたし。
Commented by yamazakura12 at 2015-12-30 14:18
シンタローさん

超コメントありがとうございます!
初コメ嬉しいです^_^
ええ!新しいケースは高機能でしたよ!
そうですねcore 2 Quadの発熱はなかなかのものですね。
M-ATXケースあたりで空気の流れが悪いと暴走しちゃいそうですね。
設置編もお楽しみに^_^


クールに格好良くきめたいのに、やる事なすことお粗末すぎる男の日常を垣間見るブログです


by yamazakura12

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カウンター

ブログパーツ

タグ

(449)
(80)
(35)
(26)
(22)
(20)
(17)
(17)
(16)
(15)

外部リンク

カテゴリ

全体
自作PC
ジャンク/修理
TV録画パソコン
auひかり
Windows関連
ゲーム
パソコン
料理
旅行
ハムスター
グルメ
ガンダムオンライン
PSO2
マビノギ英雄伝
マビノギ
自作PC パーツ構成
その他

スマートフォン
買い物
音楽
山勘物語

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2016-07-30 18:50
第800話 今度のジャンクマ..
at 2016-07-26 23:04
ギルド活動停止
at 2016-07-25 20:34
第798話 安物買いの銭失い..
at 2016-07-24 15:47
第797話 ジャンクとは動か..
at 2016-07-23 10:49

記事ランキング

その他のジャンル