自作PC初心者応援企画 第三回 CPU、マザーボード、メモリを組み立てる

応援企画執筆にあたって → ここから

皆さん、こんばんは。
自作PCを始めたいけど、どうやったらいいの?
そんな皆様の助けになれればいいなと「自作PC初心者応援企画」はじめました。

第三回の今日はいよいよ組み立てを開始します。
組み立てで大事なのは慌てない事。
初めてでパニックになるのも分かりますが、必ず解決方法がありますが落ち着いて作業をする事が大事です。

って、おまが言うなよですね(^_^;
僕の慌てぶりといったらw

初めて組み立てるドキドキと不安。
たまらないですわ(じゅるっ
緊張して組み立てた後、自分が作ったパソコンが動いたあの感動。
忘れえない物になるに違いありません。

基幹パーツのマザーボードにCPUとメモリを組み付けていきます。
全てのパーツはマザーボードに取り付けていく事になります。
まずはCPU。
a0093897_19324338.jpg
この部分に取り付けます。
なにやら細いピンが何本も立ってますね。
今回使用するCPUの形式はLGA775パッケージと言って、マザーボード側にピンが775本も立ってるんですよ。
で、CPUの裏側には775個の端子があって、この剱山の上にCPUを置くことによって導通させるわけですな。
なんの事はなく、この方式は現在に至るまで変わっていません。
最新のSkylake CPUのピン数は1151本です。
増えてますね~。
導通がただ置いてるだけなのでCPUの裏を不用意に触って、指についた油がCPUの裏の端子についたら、端子が酸化して接触が悪くなっちゃいますよね。
だからCPUの裏の端子には触っちゃだめなんです。
CPUは横面をつまむように持ちましょう。

では組み立てに戻って、
杖のような形をしたレバーを横にずらして引き上げます。
そして銀色のカバー(正式名称はロードプレート)を引き起こします。
a0093897_19432438.jpg
黒いカバーがついてる場合もありますが、そのカバーは普通に外して構わないです。
慎重にCPUを置きます。
CPUが置ける方向は決まっています。
a0093897_19464939.jpg
写真の赤丸に着目ください。
金色の△が必ず写真の位置になるようにしてください。
また、2か所の位置合わせ用の凹みを合わせてください。
間違った置き方すると赤丸の位置が合いません。
方向が間違っていない事を確認したら、銀のカバーを被せます。
a0093897_19510283.jpg
あとはレバーを倒して引っ掛ければ完了です。
a0093897_19515879.jpg
CPUを置く方向を間違えない事。
ゆっくり慎重に作業する事。
この2点を守れば、そんなに緊張しなくても大丈夫ですよw

続いてCPUクーラーを取り付けていきます。
CPUはむっちゃくちゃ熱くなりますからね、冷やすためのファンを取り付けてやらないといけません。
CPUクーラーには放熱板がついているのですが、よりCPU表面との密着性を上げるため、グリスと言われるものを塗ります。
a0093897_20015112.jpg
PCショップなどで数百円から千円代で売っています。
どれを買っても機能は果たしてくれます。
じゃなぜ値段が違うかというと、冷却する性能がこのグリスで左右されてきますので、良いものは高いんですな。
今回使用しているCPUは比較的低発熱の部類ですので、正直、どんなグリスでもいいです。
高性能なCPUほど、冷却性がシビアに要求されるようになりますね。

グリスをCPU表面の真ん中にうん○盛りします。
この量が一番難しいところ
少なすぎてもいけないし、多すぎてもイケナイ。
写真の状態でちょっと多いくらい。
少ないよりは多少多めの方がいいです。
a0093897_20074311.jpg
え?!真ん中だけでいいの?
そう思ったアナタはいいとこついてますよ。
実はこの後、CPUクーラーを取り付けたときに自然に全体に伸びるんです。
今は僕はこの方式を使ってます。
グリスの塗り方ひとつをとってもそれぞれのスタイルがあり、自分の信じる塗り方があるものです。
ね、面白い世界でしょw
ではCPUをクーラーをマザーボード上に置きます。
a0093897_20112069.jpg
4つの足がマザーボードの4つ穴に入るように位置を調整してください。
それから、足に何やら矢印がついてますよね。
この矢印の向きと反対の方向に回転させておいてください。
4本ともです。
矢印の向きは外すときの方向なので。
この辺りを勘違いされる方が多いです。
さあ、4つの穴の位置に足がきてますか?
そしたら対角線上に押し込んでいきます。
カチャッとなるまで押し込みます。
全て押し込み終えたら完了です。
a0093897_20153729.jpg
裏から見てみると、先端の白い部分が真ん中の黒いプラスチックに押されて広がってるのが見えます。
a0093897_20164355.jpg
こうなってれば成功です。
忘れちゃいけないのはファンのコネクタを差し込んでおく事。
a0093897_20173712.jpg
CPUクーラーの取り付けは慣れないと大変なので、設置できた事にホッとして忘れがちです。

後はメモリの取り付けになります。
a0093897_20275196.jpg
黄色と黒のストライプ部分に取り付けます。
なんでしょうwこのカラフルな配色。
ちゃんと意味があるのです。
DDRという規格が出来た頃からメモリは2枚で1セットになりました。
どういう事かと言うと、2枚を同期させて速度の向上を計ってるんです。
同期させる特性上、必ず同じ容量のメモリを使用しなければなりません。
トラブル回避のためには、全く同じ種類のしかも製造ロットも同じものが好ましいです。
それで、メモリは2枚一組で売ってるわけですな。
2枚で1組。
マザーボードの色分けも黄色が2つあって1組。黒色が2つあって一組。
2枚一組のメモリをそれぞれ同じ色にセットしてくだいという事です。
取り付け方法の説明に移ります。
メモリソケット(白い部分)を外側に倒します。
両側倒せるタイプのマザーボートと片側しか倒せないマザーボードがあります。
a0093897_21083984.jpg
マザーボードの説明書を見ると、1枚の場合、2枚の場合、3枚の場合、4枚の場合はどのように刺すかが書いてあります。
その通りに刺していけば問題ないです。
今回使用しているマザーボードは2枚の場合は黄色でも黒色でも良いようです。
メモリの真ん中付近にメモリノッチという凹みがあります。
このノッチで方向が決まりますので、ピッタリノッチが合うように置いてください。
a0093897_21134559.jpg
後は左右を抑えて、真下に向かってぎゅーとメモリがマザーボードに対して水平になるように押し込みます。
カチャッとメモリソケットが上がってくれば設置は完了です。
a0093897_21163056.jpg
もう1枚も同様に設置して、メモリの設置を完了します。

ふぅ~。
ここまでが結構気を遣う作業でお疲れになるかと思います。
a0093897_21185087.jpg
重要パーツの設置を終えたマザーボードを見ながら、一息つきましょう。

ここまでの作業が間違っていなかったか、確認したくなりませんか?
実はここまで組めれば、設定などを行うBIOS画面を立ち上げる事ができます。
特に中古/ジャンク品で組んでいるとなれば、何かのパーツが動かない可能性もありますので、全部組んでしまう前に基幹パーツをチェックできる利点もあります。

電源をつなげてみますよ。
つなげるコードは電源パーツから出ている一番デカいコード。
24PINコード。
a0093897_21255078.jpg
マザーボード上に一番デカく存在してるコネクタに接続します。
それからCPUの近くに田の形をしたコネクタがありませんか?
マザーボードによっては田田と二つ並んでいます。
ここへも接続します。CPU用ATX12V電源です。
a0093897_21304912.jpg
電源の接続はたったこれだけです。
後は映像出力を確認するため、モニターをつなげてください。
a0093897_21333046.jpg

電源コードをコンセントにつなげて、動かしてみますよ。
ドキドキしますね。
どうやって電源を入れるか困ってしまいますね。
まだPCケースとつなげてないので、電源ONボタンはありません。
実はですね、パソコンの電源ボタンって、ただ端子間をショートさせてるだけなんですよ。
マザーボードのマニュアルにあるPower SWの接続端子をショートさせるだけで起動しちゃうんです。
a0093897_21375461.jpg
ショートのさせ方は、ドライバーの先端で2つの端子を導通させてやればいいんです。
a0093897_21401032.jpg
動き始めたかどうかの確認はCPUファンが回りだすかどうかで確認してください。
おおお!勢いよくCPUファンが回り始めましよ。
a0093897_21420171.jpg
しばらく待って、めくるめくBIOS起動画面がモニターに映し出されました。
a0093897_21432194.jpg
おおお!ここまでの組み立てはうまくいっているようですね。
必ずやっておかなくてはならないわけじゃありません。
初めての自作の場合、都合よくモニターがない事や、マザーボード自体に映像出力がない場合もあると思いますので、可能であればの範囲で結構です。
BIOS画面を操作できるキーボードを接続しておけばなおGOOD。
CPUの認識状態やメモリの認識状態も確認できます。
a0093897_21465399.jpg
CPU、マザーボード、メモリの組み立てはこれで終わりです。


次回からは各パーツをケースに取り付けていきますよ。




いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ
[PR]
by yamazakura12 | 2016-02-10 21:49 | 自作PC | Comments(4)
Commented by ヘルニアン at 2016-02-11 21:11 x
再度質問お願いします。
変な質問で申し訳ありませんが、POWER SWショートさせて起動させた後、電源を落とす時はどうすれば良いのでしょうか?
BIOSから落とせるのですか?
それとも電源ケーブルを引っこ抜くのですか?
Commented by yamazakura12 at 2016-02-11 22:04
ヘルニアンさん

超コメントありがとうございます。
電源を引っこ抜くしかありませんw
すっとコンセント抜きましょう
Commented by ヘルニアン at 2016-02-22 10:30 x
こんにちは山桜さん。
金欠・暇が無いというパソコンいじりの大敵を押さえ込んで、こちらの記事を参照にしながらP45NEOの起動を無事確認が出来ました!
しかしながら起動までに問題・散財が多々有り・・・それだけに起動が確認出来たのは感動でした。
忙しくて自分のブログにも記事を書く暇が有りませんが、とりあえず御報告までに。
きっとまたトラブルが発生しますので、その時はまたコメントさせていただきます。
Commented by yamazakura12 at 2016-02-22 18:36
ヘルニアンさん

超コメントありがとうございます!
まずは無事起動!おめでとうございます!
文面を見るとなかなか起動まで苦労された様子
でも得るものを大きかったと思います。
マザーボードが起動できれば大げさに言えば80%完成したようなもんです
あとのパーツを集めていただき、是非記念すべき1号機を完成させてくださいませ!
質問にはなるべく早く対応いたします。
全面的に応援しています。
また、ブログ観て頂いてる方も応援したい気持ちは一緒で、皆さん親身になってコメントしてくれますので、ほかの方のコメントも参考にしてみてください^_^


クールに格好良くきめたいのに、やる事なすことお粗末すぎる男の日常を垣間見るブログです


by yamazakura12

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カウンター

ブログパーツ

最新のコメント

素晴らしいソフトをありが..
by youtube dvd 焼く at 12:15
> 774さん コ..
by yamazakura12 at 17:55
むしろ液こんのほうがあり..
by 774 at 23:41
haptanさん ..
by yamazakura12 at 21:10
またまたこんちゃ! h..
by haptan at 20:35
chrryさん コ..
by yamazakura12 at 09:53
すばらしい! この外付..
by chrry at 00:12
アルッタンビさん ..
by yamazakura12 at 20:42
返信ありがとうございます..
by アルッタンビ at 12:26
アルッタンビさん ..
by yamazakura12 at 18:22

タグ

(449)
(80)
(35)
(26)
(22)
(20)
(17)
(17)
(16)
(15)

外部リンク

カテゴリ

全体
自作PC
ジャンク/修理
TV録画パソコン
auひかり
Windows関連
ゲーム
パソコン
料理
旅行
ハムスター
グルメ
ガンダムオンライン
PSO2
マビノギ英雄伝
マビノギ
自作PC パーツ構成
その他

スマートフォン
買い物
音楽
山勘物語

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2016-07-30 18:50
第800話 今度のジャンクマ..
at 2016-07-26 23:04
ギルド活動停止
at 2016-07-25 20:34
第798話 安物買いの銭失い..
at 2016-07-24 15:47
第797話 ジャンクとは動か..
at 2016-07-23 10:49

記事ランキング