カテゴリ:パソコン( 23 )

仕事用のキーボードとマウスを買った

仕事で使ってるノートパソコン。

6年使用したので交換になった。

さすがに分かってはいたが、今売ってるノートパソコンにPS/2コネクタなんか付いてない。

正直6年前のパソコンのドックステーションについてたのは奇跡だった。

ともあれ、モニターとキーボードとマウスを別に用意してノートパソコンに繋げている環境

なので、PS/2コネクタ接続のキーボードが使えなくなった。

仕事用のパソコンにはこだわりが一切無い俺は、とりあえず安いキーボードを買おうと

量販店に出かけた。

キーボードとマウスは去年の夏に自分用のパソコンにこだわって買った事もあり、知識は

あった。

それで選んだのがコレ。

a0093897_2159658.jpg

Lgicool K270




a0093897_21594031.jpg

Lgicool M325




選択理由は安くて、レシーバーが邪魔にならないことだ。

信頼のLogicoolが大量に売っているものの中でも特に売れ筋のこの2品。


仕事用にはこれで十分だろう。




明日から快適に仕事できるだろう。
[PR]
by yamazakura12 | 2012-02-27 22:03 | パソコン

POWER DVD 11 ultra の検討

マビノギ英雄伝の記事を期待して訪問された方には申し訳ないが、現在、メンバーの一人が

負傷によりマビノギ英雄伝が出来ない状況であり、平原の入り口以降進んでいない。

来週には復帰するので、懲りずにまた訪れて欲しい。


さて、1年前にパソコンを新規で組んだ際、どうしてもブルーレイが欲しくて再生専用の

ディスクドライブを買った。

再生ソフトはバンドルで付いてきたPower DVD 9 BDエディションを使用しているのだが、

サイバーリンク社も利益優先な世の中の流れに沿ってきたか、バンドル版では制限が多く、

どうにもブルーレイの良さが出せてない気がする。

ディスクをいれると~には対応してません。アップグレードしてくださいと頻繁にメッセージ

が出るのだ。

昔はバンドルソフトだけで十分にDVDを堪能できたのに世知辛い世の中だ。



さて、製品版を手に入れようと調べてみると、Power DVD 11 ultra(最上級バージョン)が

8907円で手に入れられそうで、ぎりぎり予算の範囲だ。

しかしながら、買ってしまってから結局あまり変わらないのでは頭を抱えて人生を呪ってしま

いそうなので、事前に情報入手の日々。

最も手っ取り早いのは体験版をダウンロードして使ってみることだ。

今ダウンロードできるPower DVD 12 の体験版を入試してPower DVD 9との比較をしてみた。


忘れてしまうと折角の苦労が水の泡になるので、ハードディスクがお亡くなりになっても

どっかの誰かがちゃんと見守ってくれるブログに記載しておくことにしよう。



映像面の違いについて

まずはH.264でエンコードした動画の再生だが、画質は普段使ってるMedia Player Classicと

ffdshowの組み合わせと全く変わらなかった。DVD並みの画質を綺麗に再生できると謳い文句

にあったので期待していたのだが、結果は変わらなかった。それどころか、ゆっくりカメラが

移動して風景などを写したシーンでは画面がカクカクしてしまう。これではH.264での出番は

ないだろう。

しかしながらサムネイル表示機能は優れている。ウインドウズサイズに合わせて適切なサイズ

に実に美しく並べられ直感的に目的の動画を探せる。カクつきさえなければ常用したい美しさ

だ。


次にDVDの画質を比較してみたがこちらも全く変わらなかった。フルサイズで表示すると

ブロックノイズもそれなりに発生するが、全く違いを発見できなかった。問題は再生ボタンを

押してから再生されるまでの時間で12では結構待たされる。どうやらレジューム機能を働かせ

る際にチャプターサムネルまで綺麗に映し出してくるのでこれらの作成に時間が掛かるのだろ

う。もっさり感がいがめない。これでさくっと動いてくれれば実に先進的な感じがするのだが

・・・・・。製品版ではサクッと動くのだろうか?


最後にブルーレイを観てみた。どちらも綺麗で差が分からない。

まあ、ブルーレイに関しては差はあまりでないだろう。DVDと同じく、こちらも再生が開始

されるまでに随分時間が掛かる。多機能なのはわかるのだが、動作が遅くなるのはどうなの

だろうか?我慢できるだろうか?




音声について

音声についてはバンドル版が制限付きなので、はっきり差が出る。

ドルビーサラウンドや5.1hチャンネルDTSのディスクを再生すると9ではリアスピーカーの

全く信号がいかないのだ。12で同じ映画を再生すると臨場感がまるで別物。

作者の意図が正確に伝わると、こうまで印象が変わるかと思えるくらいである。

パソコン環境なので5.1チャンネルとはまではいかないが、リアにコンポを繋げて4チャンネ

ルにしているのだが、リアだけ聞いてみると実に細かい演出が始めて体験できた。







さて、映像と音声についてだけにしぼり確認してみた。音声環境は明らかに改善する事が

はっきりした。体験版の使用期限が後29日残っているので、それまでに導入するか否か

決めたいと思う。
[PR]
by yamazakura12 | 2012-02-22 23:54 | パソコン

夢の無線LAN 300Mbps環境をついに手に入れた

去年書いた通り、親機を無線LAN 300Mbps 有線LAN 1Gbpsが実行可能な最新ルーター

に買い換えており、子機が対応していない状況だった。

一昔前だったら、300Mbps対応の子機も結構なお値段がしてたので、導入するには躊躇が

あたが、今時2000円でお釣りかくるお値段で買えるのだ。

しかも年末年始で家電量販店が2割ほど安く売り出したので、飛びついたのだった。



今まで2年間使ってたのはこちらの最大54Mbps対応のWLI-UC-G。

a0093897_20541377.jpg








こだわってるわけではないのだが無線機器はBufflo製品しか買わない。






直ぐ近所にLogitecの主工場があるからって関係ない。Buffloしか買わない。






NEC製品のほうが性能がいいのがあるからって関係ない。Buffloしか買わない。










昔、本で読んだんだ!親機と子機のメーカーは揃えよう!


WLI-UC-Gは速度こそ遅いものの、その牢固な安定性に随分助かった。

オンラインゲームをやってる時に頻繁に落ちるなんて事は一度も無かった。

他の無線機器は切れまくったり、安定しなかったり最悪みたいな書き込みをよく目にする。




さて、今回3ヶ月も調べ上げた上で導入を決めたのはWLI-UC-G301N。

a0093897_2103031.jpg








決定的な基準はその値段。なんと2000円でお釣りが来てしまうお値段で買えた。

もちろん安定性や速度、親機と相性は確認済みである。




導入はなんとも簡単だった。

CDをパソコンのドライブに入れたら、セットアップウィザードが自動起動したので、

選択を繰り返し、取り付けて、親機のAOSSを有効したら、ホラもう繋がりました。

倍速設定ツール倍速設定を40Mhzにすると、アラ簡単、もう270Mbpsでリンクしちゃい

ました。





過去の記事でインサーネットコンバーターのWLAE-AG300Nの導入の際はリンクレートが

正しく表示されないので、もんもんとしたが、今回はあまりに簡単すぎてシラケてしま

ったくらいだ。


ちなみにいろいろと調べてあるので電波状態100%で300Mbpsでは繋がらず270Mbpsと

表示されるのは確認済み。

ふと一瞬だけ300Mbpsになる瞬間があるが、通常は270Mbpsだ。これ以上にはならない

らしいぜ!




以前、実際の速度をフリーソフトを使って調べた。

転送速度測定というソフトだ。

このソフトを使うと、パソコンの性能が露骨に表れてしまうため正確ではない。

目安程度に考えている。




今回も各ネットワークで繋がれたパソコン間の速度を計ってみたが、以外と速度は出る

みたいだ。

仕様的には5~7年前のXPマシンで70Mbps、2年前にお安く作ったWin7のマシンで

120Mbpsが出た。

かなりいい方だと思う。






問題はそんなに早くなってもインターネットの契約が10Mなのでインターネットの利用

では速度アップが意味無いねー。なんてオチだ。





では、お後が宜しいようで ノシ(・ω・)/
[PR]
by yamazakura12 | 2012-01-13 21:17 | パソコン

YOUTUBEの動画をDVD(プレイヤーで鑑賞可能)焼くには

YOUTUBEの動画をDVDに焼いた上さらに、どんなプレイヤーでも再生できるようにと

どんでもない依頼が舞い込んできたので、設定をメモするつもりで記しておく。

ある程度人気のあるフリーソフトを使用するので、フリーソフト名で検索されたし。今回はリンク無し。


まずWEB画面からYOUTUBEの動画を表示する。

なるべく高解像度のHD動画とかの方がいい。

次に再生中の動画をOrbitを使ってmp4形式でダウンロードする。

ダウンロードしたファイル名は後で使用するフリーソフトが海外製であるため英語名称でなければ

ならない。

次にHandbrakでmp4を再変換してmp4にする。名前は重複できないので適当に名前を変える。

Handbrakの設定は以下の通り。

High profileを選択する。

Videoタグでvideo codecをMPEG(FFmpeg)に変更する。

AudioタグはAACのままでOK

chepterタグのcreate chepter makerのチェックをはずしておく



次にpowerproducer(これだけバンドルソフト)を起動し、ムービーディスクの作成を選択する。

DVD-videoを選択し次へ(アスペクト比は16:9にする)

読み込みで先ほど再変換した動画を読み込む。

この時点でプレビューで確認するとHDで取り込んだはずの動画も画質が極めて悪い。

うまく読み込まれたら、タイトルを変更して次へ進む書き込みスタートでDVD作成完了。


今回はperhumeのpolyrhthm(1080p)の動画とelectric world(720p)の動画をDVDに焼いたが

ご覧のように画質にはっきりとした違いが生じた。

a0093897_23264236.jpg

polyrhythm(1080P)



a0093897_23234295.jpg

electro world(720P)

元の動画の解像度がいかに良いかでDVDの画質が決まってしまうようだ。
[PR]
by yamazakura12 | 2011-12-02 20:30 | パソコン

WLAE-AG300Nの設定

先日書いた通り、WZR-HP-G302H/Eのセットで付いてきたWLAE-AG300Nの設定については

一通りの速度確認ができたので、この設定でよしとしている。

速度が出ない時に、設定のせいかと思っていろいろ調べていたのだが、この製品は多くのレビューで

誤解があるようだ。


自分の検証結果から導きださせる答えは、WLAE-AG300Nは子機および子機(EC)モードの無線設定

を設定画面で設定する事ができないというものだ。

どうやら親機の設定に服従するらしい。

まあ、倍速モード設定で繋いでも、電波状態が悪いと勝手にノーマルモードになるらしいが。

もう少し詳しく書くと、無線の項目に出てくるチャンネルや倍速モード設定は子機モードとして働く

時のものでは無く、親機および中継器として働く時の設定のようなのだ。

この辺りが多くのレビューで間違いでは無いかと思われる部分。

現に自分の設定では無線項目を無しにしているが、ちゃんと動作しているのが裏づけとなっている。


子機、子機(ECモード)への切り替えはエアステーション間接続のタグでしかできないようだ。

エアステーション間接続を無しにすると、全く通信が出来なくなる。


それを踏まえた上でもう一度設定してみたらどうだろうか。



親機WZR-HP-G302Hとの接続はAOSSを使うとなぜかうまくいかないので、

自分の場合は次の手順で接続した。

子機モードとして使用し、親機モードと中継器機能をOFFにする設定だ。



①親機の設定をする。
 無線機能 使用するにチェック
 無線チャンネル 自動まはた手動で設定。 あまり干渉の無い環境ならば自動のままでいいだろう
 倍速モード 40MHz  
 ANY接続  許可するにチェック
 
a0093897_21372244.jpg
 

②WLAE-AG300NのLAN端子とパソコンのLAN端子をLANケーブルで接続

③セットアップCDをパソコンにブチ込んでセットアップウイザードを起動する。

④無線子機のセットアップをクリック

⑤オプションを選択。

⑥上級者向けインストールを選択。

⑦LAN端子用無線子機設定ツールをインストール。

⑧ナビゲータ終了。セットアップウイザード終了。

⑨LAN端子用無線子機設定ツールを起動すると、WLAE-AG300Nの設定画面にいけるはずだ。

⑩次のように設定
 無線-11n/ag/b の無線機能 
   使用するのチェックをはずす
 
a0093897_223594.jpg


 無線-エアーステーション間接続
   エアーステーション間接続の使用するをチェック
   親機/子機指定 子機(EC)を選択
   SSIDに親機から配信されているSSIDを入力
   無線の認証と無線の暗号化を親機のものと一致させる
   WPA-PSK(事前共有キー)を親機の設定画面から確認し、入力する。
   優先接続先指定で優先的に接続させるにチェック、親機のMACアドレスを設定する。        
a0093897_22112362.jpg

  
⑪ここまでやれば後は勝手に繋がってくれるはずだ。



それでも駄目な場合は

さっきのLAN端子用無線子機設定ツールの接続設定を使って、親機を検索し、

共有キーを入力してつなげる事もできる。

こっちの方が簡単かもしれない。
  
[PR]
by yamazakura12 | 2011-11-07 19:05 | パソコン

無線LANルーター WZR-HP-G302H/E 転送速度測定

今日もあいも変らず、何も思いつかない日々を送っている。

そんな中で一度沸いた疑問がだんだん大きくなって

検証しないと気が済まなくなる。

職業病だろうか?

最近の一番の疑問は先日購入したBufflo製無線LANルーター WZR-HP-G302H/E のセットで

ついてきたWLAE-AG300Nの設定が本当にうまくいっているか? である。

しょうもない事にこいつはリンクレート(理論的な接続速度)を知る手立てが無いのだ。

セットアップCDについてきたLAN接続用確認ツールで本来はリンクレートがどれくらいか

確認できるはずなのに、結果は1Mbpsなんて無茶苦茶な値が出てる始末。

早くなんとかしてくれないものか・・・。

ここでリンクレートがちゃんと表示されていれば、自分で測定しようなんて気にはならなかった。



実際リンクレートが確認できるパソコンにおいても果たして実際の速度がどのくらいでているか

考えたことがあるだろうか?

リンクレートは所詮理論値、実測するとそれにより低いに決まっている。

でもどのくらいになるのだろう。

地上デジタル放送が始まって、動画データの基準がフルハイビジョン( 1920×1080ピクセル)

になっちまった昨今、転送レートは25Mbps以上が必要だと言う。

buffloのような無線LANを販売しているところの謳い文句にフルハイビジョンに対応するには300Mbps

なんて言っている。今の54Mbpsじゃ駄目なんだろうなと思って、この無線LANを買ったのだが、

果たしてどんな結果が出るのだろうか。


実測の方法についてはまたいつものように何も思いつかないので、フリーソフトを利用する事にした。

今回知りたいのはパソコン間やREGZAとパソコン間で実際に重いデータを送るときの速度なので

データの量と時間で自動的にMbpsの単位で測定できる転送速度測定というソフトを利用した。

このソフトのやり方は簡単そのもの、まずデータ測定に使うファイルを設定する。

100MBくらいのファイルがいいらしいので150.69MBのファイルを使う事にした。

次に受け取り側のパソコンの保存先を指定して転送開始を押せば、それだけで結果が表示される。

なるべく純粋にそのパソコンの送信と受信の速度が知りたかったので、一方のパソコンを

無線LANルーターに有線でしかもGbit LANで繋がっている圧倒的に早いパソコンを固定にして

実際の速度を計ってみた。


便宜上、我が家のパソコンの呼び名を決めることにする。

だって、いちいちパソコンの環境書いてたら大変でしょ。



LANは規格値と理論上の最大速度で表している。ちなみに11gと11nは無線LANだ。


WIN7(Pro64) ++ OS:win7 CPU:core i5 760 HDD:SATA300 2TB LAN:有線Gbit

WIN7(Hom32) ++ OS:win7 CPU:Cele Dual E3300 HDD:SATA300 500GB LAN:11n 150Mbps
(無線子機型番:WLI-UG-GNHP)

XP(Hom) ++ OS:WinXP CPU:Athlon XP 2800+ HDD:ATA133 40GB LAN:11g 54Mbps
(無線子機型番:WLI-UC-G)

XP(Pro) ++ OS:WinXP CPU:Athlon XP 2100+ HDD:ATA133 40GB LAN:11g 54Mbps
(無線子機型番WLI-UC-G)

それに加えてセットでついてきたWLAE-AG300N LAN:11n 300Mbps である。




まずは速度の遅い方から

Win7(Pro64) → XP(pro) 転送速度結果:13.7Mbps 電波状態:非常に強い
XP(Pro) → Win7(Pro64) 転送速度結果:21.32Mbps 電波状態:非常に強い
Win7(Pro64) → XP(Hom) 転送速度結果:16.82Mbps 電波状態:非常に強い
XP(Hom) → Win7(Pro64) 転送速度結果:22.79Mbps 電波状態:非常に強い

いや~この結果見た時にはちょっとびっくりした。

まさか理論値の半分も出ていないとは・・・・

地上デジタル放送に必要な25Mbpsなんてとても無理。

確かに11g規格の54Mbpsじゃハイビジョンはカクカク画面になってしまうだろう。

あと、送るほうより受けるほうが低いのはなぜなんだろう。



次に、一歩進化した11nテクノロジーの150Mbpsの結果を見てみよう。

54Mbpsから一気に150Mbpsだから2.8倍もの早さになる。


結果はというと・・・


Win7(Pro64) → Win7(Hom32) 転送速度結果:73.94Mbps 電波状態:90%
Win7(Hom32) → Win(Pro64) 転送速度結果:79.34Mbps 電波状態:90%


一気に早くなった。実質3.6倍にもなっているので満足のいく数字だと言えるだろう。

試しに有線接続の100Mbps時の実測をおこなったら80.58Mbpsだったので、有線の100Mbps

に匹敵すると言ってもいいだろう。

もしかすると、WZR-HP-G302H自体が11nの規格に最適化しているだけかもしれない。




さて、次はいよいよ大本命。

最も放送のデータをやり取りするWLAE-AG300Nの番がやってきた。

11n規格の150Mbpsの2倍である300Mbpsを謳っているのだからさぞかし早いだろう。

150Mbpsを超えてくるか?

期待は膨らむばかり。


しかしながら今回ばかりは測定に困った。

WLAE-AG300Nに測定ソフトをブチ込めるわけないし、WLAE-AG300Nの内部がパソコンで

見えるわけでもないので送りようが無い。

文字通り、何も思いつかなくなった。




モンモンと考え、数日が過ぎ、そして急にひらめいた!

正解かどうかはわからないが、LANポートが付いてるんだから、パソコンを有線接続すればいいじゃ

ないか。わかってみれば以外に単純。世の中そんなもんだ。

そこで、リビングに設置してあるWLAE-AG300Nにパソコンを繋ぐべく、2階から最もコンパクトに

構築してあるXP(Pro)マシンを抱えて駆け下りた。

接続してワークグループに参加したのを確認すると、期待に胸を躍らせながら測定を実行した。

結果は・・・・




















Win7(Pro64) → WLAE-AG300N   転送速度結果:58.72Mbps 電波状態:100%
WLAE-AG300N → Win7(Pro64)   転送速度結果:46.84Mbps 電波状態:100%




あれ?(゚д゚;) アレ?


なんか設定を間違ったか?

あ、そうか2階にある親機と1階のリビングじゃ距離があるもんな。

2階の親機側に持ってきて測定するが、結果は無情にも同じ。




あれ?(゚д゚;)



夢の150Mbpsは?無線LANルーターの進化を辿る旅のはずが、一転して買ってしまった後悔の

旅に変ってしまう。

その後も、設定がおかしいのでは?と思い、WLAE-AG300Nを手動で親機に繋げたりしたが

数値が上昇する事は無かった。


300Mbpsなんて出ないじゃないか!

これじゃまるで



高速無線詐欺だ!














































これで終わり?

これで終わったら、どこまでも追求する自分の性格が許さない。

XP(pro)をWin7(Hom)に変えてみた。

するとどうだろう




Win7(Pro64) → WLAE-AG300N   転送速度結果:93.06Mbps 電波状態:100%
WLAE-AG300N → Win7(Pro64)    転送速度結果:81.97Mbps 電波状態:100%
 

150Mbpsとは行かないまでも理論値150Mbpsの結果の80Mbpsを上回る結果が出せた。

この結果は無線LAN自体の性能に加えてパソコンやREGZAの性能が大きく利いてしまう事を物語

っている。

XP(Pro)とWin7(Hom)のマシンスペックの違いで倍半分も結果が違ってしまうのだ。

これは予想外だった、そんなにマシンスペックの影響がでるなんて考えてもいなかった。

ちなみに有線LANがGbitと100Mbpsだけの差でない。

XP(hom)マシンの有線LANポートはGbitだが、低い結果が出ている。

どうも総合的なパソコンのスペックのようだ。

a0093897_22351065.jpg






そうなってしまうと、つまりは

幾らパソコン上で転送速度が速い結果が得られても肝心のREGZAでその速度が出るとは限らないって

事だ。

ここは、めんどくさいけど、REGZAの実際の転送速度を測定しなくてはならない。

そんな事できるのか?素人なのでやり方が思い浮かばない。

いろんなサイトを調べ歩いて出した答えが

まず、REGZAからwindows7のXPモード上で認識できる共有フォルダにREGZAにUSBで繋いでいる

ハードディスク内のデータをダビングする。

そのダビングにかかる時間をストップウオッチで計測。

後からWindows7のXPモードで転送されたファイルのサイズを確認して、



ファイルサイズ(Mb) ÷ 転送にかかった時間(秒) でMb/Sを割り出す。

あとはこのサイトの下のほうにある便利な換算表を使ってMbpsを導きだすことにした。

実際の結果は次の通り




REGZA(WLAE-A300N経由) → Win7(Pro)(XPモード) 転送速度結果:32.9Mbps



(つ∀`*)アイタ~!


結局、REGZAの転送速度を考えると理論値300bpsの転送速度なんて40Mbpsもあればいいって

事になった。

なんの為の苦労だったのか。(つ∀`*)ヤレヤレ

ちなみに仮想PCであるXPモードの転送速度が異常に遅いって話もあるから、

XP(Hom)を使って同じように図ってみたけど、結果は同じだった。

REGZAの能力の問題だろう。きっと。





※当方の環境においての結果です。違う環境では同じ結果が出るとは限りません。 
 参考程度にお考えください。

[PR]
by yamazakura12 | 2011-11-04 21:25 | パソコン

REGZA ZS1 windows7で共有フォルダ (2)

先日、ブログに書いたテーマだが

どうやらアクセス記録を見ていると、何を間違ったかろくな情報が出ていない当ブログに

迷い込んじゃったかわいそうな人がいるようなので、自分なりに調べた結果を記載しておく。


まずはサーバー登録だが、こちらはパソコン側の設定がキモとなっている。

一見関係ないようなウインドウズメディアプレイヤー12で設定する。

メディアプレイヤーを開いたら

ストーム → その他のストーミングオプション を展開すると、TOSHIBA REGZAが見えるはずだ。

ここで見えない人もいるらしい。もしいくつも不明なデバイスが並んでいるならREGZAのMACアドレス

をREGZAから確認して同じものを選べばいい。

話をもどすとTOSHIBA REGZAが見つかったら禁止→許可に変更。

これで第一段階は終了。

次に、メディアプレイヤーの 整理→ライブラリの管理→ビデオで展開して

動画の入ってるフォルダを追加する。

これでパソコン側の設定は終了。

次にREGZAを起動して、リモコンの下についてるスライド式のカバーを空けて設定を押す。

自分のREGZAはそこに設定メニューがあるが、ちょっと前に買ったREGZAも同じだったんで

ここ数年同じではないだろうか。

設定を押したら レグザリンク設定 → サーバーの登録 と進むとパソコンの設定が終わっていれば

PC名-LAN-Sが見つかるはずだ。ボタンを押して登録すればOK。

あとはリモコンのレグザリンクを押してPC名-LAN-Sを選んで動画のあるフォルダをしてすれば

動画が一覧になって現れる。

自分の環境ではDivXとmpegの動画は再生に問題なかったが(無線LAN 300Mbps)、H.264で

エンコードした動画はそのままだとコマ送りのようになった。拡張子をmp4→m4vしたらなぜか快適。


次にタイトルに書いたREGZA ZS1 windows7で共有フォルダだが自分なりにいろいろなサイトを

見回って出した答えは REGZA ZS1&Z1およびそれ以前のREGZAはWindows7の共有フォルダ

を見ることができない。

逆にXPなら見える。Vistaでも設定しだいで見えるかも?(自分の環境にVistaがないので断言できない

ってことは、windows7のpro以上ならXPモードにすればフォルダが見える。

実際に試した。XPモードなら見える。

ただし、XPモードのネットワークアダプターをwindows7で使っているのに変えないといけない。

デフォでは共有ネットワーク(NAT)になってる。これを変えないと外から見えはするけど

アクセスできない。

a0093897_21241538.jpg


windows7でどうしても共有がしたければ方法はある。

いくつかの方法をネットでみたが、どれも複雑かつ高度な技ばかりだ。

簡単にはうまくいかない事だけは付け加えておこう。

暇をもてあまして、リビングに鎮座しているREGZAが長時間あいている時にしかできないだろうな。
[PR]
by yamazakura12 | 2011-10-24 21:27 | パソコン

REGZA ZS1でwindows7の共有フォルダを使う

昨日から新しく買った無線LANで接続したREGZAの設定をいじり倒してる。

Windows7に標準装備のなかにはDLNA Ver1.5が入ってるらしいので、REGZAへ動画、音楽、画像の

ストーミング配信は容易だった。

パソコン側は

ウインドウズメディアプレイヤーのメディアストーミングオプションでREGZAを許可しておけばいい。

a0093897_22411585.jpg


次にREGZAの設定メニューを開き

レグザリンク設定 → サーバーの登録 → パソコンの共有ソースが表示されているので登録

すんなりいく。


ただH.264でエンコードしたファイルは拡張子 .mp4 → .m4v に変更しなければコマ送りだった。


LEGZAの性能をさらに引き出すべく、昨日から挑戦してるのが



REGZA ZS1でwindows7の共有フォルダを使う


である。

これができれば、次の効果が期待できる



①REGZAで録る録画先にパソコンの共有フォルダを指定できる。

②MPEG-2のみになるが、共有フォルダから直接動画を再生できる。
(ダウンコンバートしないので品質が悪化しない)

③レジューム機能が使えるらしい。


しかしながら、自分としてはH.264の動画をわざわざMPEGに変換する労力を考えると、

ストーミング配信で十分だと思ってる。

わざわざ共有フォルダに直接アクセスしなくてもいいのだが、そこはそれ、折角高い金払って

買ったんだから機能全部使わないなんて




もったいない




と思っているから。



ところが!

この共有フォルダの設定が一向に出来ない。

WEBで情報を拾うと一昔前のREGZAではWindows7の共有フォルダを普通に認識しないらしい。

2010年夏に買ったREGZAでもWindows7に対応していないんだろうか?

いくらなんでもそれは無いんじゃないかと思い調べていると

どうやらWORKGRUOPの設定やらユーザー名/パスワードの設定が鍵らしい事がわかってきた。





早速C:¥直下にTEST SEVER FOLDAというフォルダを作り特定ユーザーの共有フォルダにした。

a0093897_2024065.jpg


共有する相手にguestを加えてみたが、相変わらずREGZAの

レグザリンクの設定 → LANハードディスクの設定 → 機器の登録

で共有フォルダが見つからない。

次にコントロールパネルからユーザーアカウントを開き新しいユーザーを作ってパスワードを

設定して共有する相手に加えたが、駄目だった。

ここで、よくよく説明書を見ると


でワークグループの設定

でユーザー/パスワードの設定


と書かれているではないか!


早速リモコンの緑ボタンを押してワークグループをパソコンと同じものにし、

青ボタンを押してユーザー/パスワードを設定した。

結果はまたも駄目。

もうダメだ・・・万策尽きた・・・。

どうどう巡りを繰り返し、何度も1階のリビングにあるREGZAと2階の書斎にあるパソコンの間を

行き来しながら、いい加減足がふらふらしてきた。

このまま、解決できないのか・・・。

あ!と急に思いたった!

ファイル名が悪いんじゃないか?

ファイル名をregzaに変更。

a0093897_2236447.jpg


今度こそいけるか!?

LANハードディスク → 機器設定 の画面にフォルダが現れた!!

やったー!と大喜びしたが、よく見たら

たまたま立ち上げてあったwindows XPの共有フォルダだった・・・

いよいよ駄目か?

この問題は後日ということで・・・。
[PR]
by yamazakura12 | 2011-10-21 20:29 | パソコン

REGZAでH264の動画を快適に再生することに成功!

いやはや・・・。

結論から言うと、




拡張子 .mp4 → .m4v 




にするだけでスムーズに観られるようになった。

変換とかじゃなく、ただのリネーム。

結果は出したが全くの謎。

動画はわけわからないから嫌い!




(〃´・д・)φ.....ヮヵラ冫[度]100%㌣


あ、あとC:¥直下にフォルダ(英字)作ってそっちにファイル移動したけどね

関係あるのかないのか不明・・・。
[PR]
by yamazakura12 | 2011-10-19 22:53 | パソコン

激闘! 無線LANの設置!!

いよいよ届いた。Bullo製 無線LANルーター:WZR-HP-G302H/E

いよいよ設定の運びとなった。

親機の設定なんて気が抜けるほど簡単。

モデムに前のルーターの情報が残っていると困るので、モデムの電源を抜いて30分放置後

ルーターを新旧入れ替えてルーターとパソコンを有線LANでつないだら、モデムON→ルーターON→

パソコンONでもうインターネットにつながってる。

いちおマニュアル通りに初期設定を済ませたが、別に何が変るわけでもなくあっけなく終わり。

a0093897_21333885.jpg


                  


a0093897_21342876.jpg









問題はここからだ

まずはパソコン3台に手をつける。

子機は2種類ある。

いずれもUSB接続タイプの小型なやつだが。

一つは去年買ったWLI-UC-GNHP。

こいつの設定はマニュアル通り、親機についてきたセットアップCDをぶっこんで

最新のドライバーとクラインアントマネージーが自動で入り無事つながった。

ところが速度を確認すると、150Mbpsの速度に対して61Mbpsしか出ていない・・・

自動インストールでは倍速モードツールがインストールされないなんて不親切なオチだ。

2年前にかったWLI-UC-Gに至っては子機を接続してくださいの画面から全く反応しない始末。

なんと2年前に買った製品なのにドライバーが入っていないのだ!


ヾ(`Д´ヾ)アリエナイ!(ノ"`Д´)ノ"アリエナイ!(*`エ´*)ゞ


不親切なこと極まりない。

仕方なく、子機付属をセットアップCDを引っ張り出してきてドライバーだけ当てて、

クライアントマネージャーを最新にした。

AOSS自動設定で接続を試みるがこれがまた・・・・

AOSSにしたいのに勝手にWPSで接続しようとする。

親機のハード上のAOSSボタンをいくら押してもWPSになってしまい失敗するので

設定WEBページ出してソフト上で強制的にAOSS作動させるしかなかった。

こんなん初めての人がやったら絶対できないぞ!


ヾ(●`ω´●)ノ゙ ナメ㌧ノンヵ? ワレェェェ!!

とにかくパソコン3台は設定した。

次のプリンターはすんなり。

Wiiもすんなり。

ってかさっきの教訓で絶対ハード上のAOSSは押さなかったんだどね。

DSもすんなり。





あと残るはREGZA



いや、REGZAに使うのはセットでついてきたすでにペアリングされてる子機だからなんの問題もない

接続だけはすんなり、ブロードバンド機能を一通り試した。

問題は今回導入の大きな目的であるパソコンに撮り溜めた映画をREGZAの大画面で観ること。

それが、比較的軽いファイルはDiVXで変換した映画は観られるのだが如何せん画質が悪いので

H264で作成した本命中の本命のファイルが途切れ途切れにされてしまう。

このなぞが解明できずにいる。




ドョ~━il||li(●′△`)il||li━ン
[PR]
by yamazakura12 | 2011-10-19 22:01 | パソコン


クールに格好良くきめたいのに、やる事なすことお粗末すぎる男の日常を垣間見るブログです


by yamazakura12

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カウンター

ブログパーツ

タグ

(449)
(80)
(35)
(26)
(22)
(20)
(17)
(17)
(16)
(15)

外部リンク

カテゴリ

全体
自作PC
ジャンク/修理
TV録画パソコン
auひかり
Windows関連
ゲーム
パソコン
料理
旅行
ハムスター
グルメ
ガンダムオンライン
PSO2
マビノギ英雄伝
マビノギ
自作PC パーツ構成
その他

スマートフォン
買い物
音楽
山勘物語

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2016-07-30 18:50
第800話 今度のジャンクマ..
at 2016-07-26 23:04
ギルド活動停止
at 2016-07-25 20:34
第798話 安物買いの銭失い..
at 2016-07-24 15:47
第797話 ジャンクとは動か..
at 2016-07-23 10:49

記事ランキング

その他のジャンル