<   2016年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

マウスのチャタリング修理でやらかす その1

皆さん、こんばんは。
iPhoneもやっと慣れてきて
アプリも落ち着き
サクサク操作感に心ウキウキな今日この頃です

さて、本日は修理です。
結論から言うと失敗しました(T-T)

嫁がデザインで買った牛製のマウス。
2年くらい使っていたら左クリックがチャタリングを起こして使えなくなってしまいました。
チャタリングっていうのはシングルクリック動作がダブルクリックで認識されてしまう、それは恐ろしい現象です。
直そうとは思っていたのですが、いかせんネジが特殊で分解できずにいました。
六角ネジなのはわかるのですが、なぜかうまく六角レンジとかみ合わないんです。
先日作製したリビングPCに無線マウスが必要になり、新たに精密用の六角レンジを100均で買ってきて挑戦です。
ところが全部合わない。
結構細かいピッチでレンジが揃っているのに、その中間みたいなんです!!!
そんなのあるかよ!!

時として執念深い貧乏性がすさまじい力を発揮します

六角のネジ穴に入るレンジをグーーと押さえつけながらゆっくり回すと
角が引っかかって回せることを発見しました!!

全部で4つもネジがあって、どうやっても外せない中央のネジは無理やりもぎ取ってなんとか分解できました。
a0093897_20041133.jpg
問題のチャタリングを起こしてるスイッチが見えます。
a0093897_20053353.jpg
これと同じものを入手すればいいですね。
通販でも手に入るようですが
相変わらず100均以外のお金をかけたくありません。
(100均は自腹ではないためw)
そこで壊れて動かなくなったマウスを解体しておなじスイッチがないか確認します。
そしたらあるじゃないですか!!
ビンゴなのが!!
a0093897_20081542.jpg
別会社のマウスなんですが、使ってるものは一緒なんですね。
後は、チャタリング起こしているスイッチの半田を取って外して、このマウスのものと換えればいいのです。
はんだコテとはんだ吸い取り器を駆使してなんとかスイッチを取り除きました。
a0093897_20103891.jpg
スイッチはこんな感じ。
a0093897_20111577.jpg
後は良い方のスイッチを取り付けるだけです。
a0093897_20123730.jpg
ところが、なかなかスイッチの足が穴に入らないのです。
別のマウスから取り外したときに取きれなかった半田が邪魔しているのです。
一向に入ってくれないので、穴の中をハンダコテの先で当てたら悲劇が起こりました。
なんとハンダコテを当てた拍子に基板のパターンが熱でめくれあがってしまったんです!!!


なんたる不覚!!!



油断大敵なりーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!




次回へ続く・・・・


いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ
[PR]
by yamazakura12 | 2016-02-25 20:20 | ジャンク/修理 | Comments(6)

iphone買ったった・・・・

皆さん、こんばんは。
自作PC応援企画を書き上げて
大変だったので
疲れて最近更新してなかったと思ってました?
いやいやいや
実はスマホを変える算段で忙しかったんです。

結果

iphone買っちゃいました^_^;


僕はipodもマックブックも持ってないので
Apple製品は初めて

使ってみて

あれですね

同じスマホと言ってもAndroidスマホとiphoneは別物なんですね
操作になれるまで大変かも
めっちゃサクサクですけどね

スマホ代
月当たりの増額は大したことないのですけど
24回分割なんで
計算したらえらいことになりますね
しかも4台買っちゃったから
計算やめましたけど、
たぶん・・・
その金額で・・・自作パソコン3台組めちゃいますね


( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


やめよう
お金の事考えるのは


この辺の田舎では
スマホは車の次にステータスなので
おいそれと中古のSIMフリースマホ買ってきて
格安キャリア入れて
激安スマホ生活を送るわけいかないのです
キャリアはどこ?と言われて
D社かA社で答えないと、へんな目でみられるんです

まあ、しゃーない


iphoneを持てるなんて世界的に見ても恵まれてますからね
感謝感謝です
a0093897_20094132.jpg

いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ
[PR]
by yamazakura12 | 2016-02-22 20:11 | スマートフォン | Comments(2)

自作PC初心者応援企画 最終回 リビングPC用にカスタマイズする 

応援企画執筆にあたって → ここから


皆さん、こんばんは。
自作PCを始めたいけど、どうやったらいいの?
そんな皆様の助けになれればいいなと「自作PC初心者応援企画」はじめました。


最終回ですね。
やっと終わるのかという思いと
もう終わってしまうのかという思いが
複雑に絡みあっています。
普通の初心者向け講座はOSインストールしたところで終わるんでしょうけど。
そんなの、ショーもな。
どうやって使いこなしていくかを示してこその初心者講座だと思い、カスタマイズを最終章にしました。

まずはドライバーのインストールです。
といってもWindows10のデバイス互換性は驚愕なので
全ドライバが当たっており、なんもしなくてもいいっちゃいいです。
しかし、やはりビデオカードのドライバとサウンドドライバはデバイスメーカーの配布しているものにしておいた方がちゃんと動いてくれます。
今回のビデオカードはnVidia製のGeforceなので、nvidiaのサイトへ行ってドライバーをダウンロードしました。
a0093897_22435720.jpg
ドライバーをインストールして再起動したら、そりゃもう綺麗な画面に・・・
なったような気がします。
後はマザーボード内臓のサウンドチップです。
何もしなくてもHD Audioとして認識しており、音も出ます。
a0093897_22470890.jpg
でもメーカーの用意した設定画面が出せないので
メーカーのRealtekのサイトへいってチップ番号から検索してダウンロード/インストールしました。
後のドライバはWindowsが用意した物を使います。
それでも問題が起こらないためです。
Windows8はスタートボタンを無くした事であまりに酷評になっちゃいましたけど
自動でドライバを当てるシステムは評価できる点だと思います。
Windows10にもしっかり受け継がれており、OSのインストールが終わってデバイスマネージャー開いたらすべてのドライバが当たってるという嬉しい事になりました。
ただあまりに古すぎるデバイスは対応ドライバがネットに公開されていないので、新しいOSには使えない問題も抱えています。
特にちょっと風変わりなデバイスはVistaでさえ対応しておらず、全く使えない状態に陥るので注意が必要です。


カスタマイズに移ります。
リビングでテレビに表示するので、2m離れてマウス操作します。
そこで、離れた所からでも操作できるように
とにかくアイコンを大きくします。
a0093897_23293969.jpg
出来れば使うアプリは全てディスクトップにショートカットを作っておいた方がいいですね。
キーボードを置くスペースがありません。
我が家のリビングは狭いですから(^_^;
画面を見ないでキーボード操作とか、リモコン操作の方が合ってる気はしますが
スペース問題は切実です。
そこで、文字入力はタッチ用のソフトキーボードをマウスで操作します。
a0093897_23332175.jpg
もっと良い方法を見つけていくのも一つの楽しみですね。
では、最初に決めたコンセプト通りにできたか検証してみましょう。


最初に決めたコンセプトを思い出してみましょう。

・リビングのレグザの大画面でyoutube動画を家族と観たい
・何かの購入を検討するときにネットで価格や口コミなどを家族と一緒に確認しながら決めたい
・別のパソコンにある動画データを大画面で観たい
・ワードやエクセルで作成された文書をテレビに表示させて、参考にしながら書類を書きたい

youtube再生を検証します。
同時にWEBで検索かけますので、”youtubu観たい”と”購入検討を家族と”は同時に確認できたものとします。
いろいろな動画をHD画質で観てみました。
写真でお見せできるのは自分で作った動画になりますけど、自分の動画もHDで配信しているのですよ。
(`・∀・´)エッヘン!!
a0093897_23454217.jpg
HD動画をyoutubeで再生している最中のCPU使用率は10%~30%を行ったり来たり。
時折60%くらいに一瞬上がります。
動作に問題なくスムーズに再生できました。
同じ自分で作った動画でも動きの多い動画は少しCPU使用率が高いみたいですね。
a0093897_23494043.jpg
時折CPU使用率が80%を超える一瞬があり、CPUが他の作業を並行してやっていると
もしかするとカクっと引っかかったような感じになりかもしれません。
今回のリビングPCは無線LAN中継器に有線LAN接続で使っていますので
無線のための暗号化処理などは中継器にお任せしている分、CPUの負荷が少ないです。
もしUSB接続の無線子機などを使用すると処理が追い付かずカクカクになるかもしれません。

ま、とにもかくにも今回作り上げたシステムでは
youtube再生については満足いくレベルになったようです。


次に”別のパソコンになる動画データ”を観たいですね。
こちらも写真でお見せできるのは自分で作成した動画となります。
a0093897_23581275.jpg
別のパソコンからはLAN経由でサクッと送れるのが楽ですね。
ダブルクリックで開くと、問題無く再生できました。
シークさせてみてもちゃんと追従してきますし、視聴に問題ないレベルですね。
これで家族で動画データを共有できます^_^
ま、こちらもかなり余裕というわけでは無いので、バックグラウンドで重い処理が始まったら影響を受けて重くなりそうですね。
一瞬だけですけどね。

最後は”ワード、エクセル、パワーポイントで作成された資料を表示させたい”ですね。
Open Officeを使いました。
無料な上にM社のOfficeで作成されたものを表示できます。
もちろん編集も出来ますが、今回は表示できればいいので再現性の確認をしました。

パワーポイント
a0093897_00045718.jpg
ワード
a0093897_00052616.jpg
エクセル
a0093897_00055732.jpg
いずれも元のデータは本家のOfficeで作ったものです。
これだけ再現できていれば、資料として見る分には問題ないでしょう。
Open Officeは有名なソフトなのでちょっと調べれば入手可能です。


うまい事、最初のコンセプト通りできましたね。
もちろん、もっと余裕で行いたいのであればワンランク上の能力にした方がいいです。
予算との兼ね合い。
過去から未来までお金が無限に出てくるわけないですから、悩みどころですね。


初心者応援企画という事で全八回でお送りして参りました。
これから始めようとしている方からコメントしていただいたり
皆々様からのありがたい声をいただき、最後まで書き綴る事できました。
ありがとうございました。
また、ベテランの皆様からも企画を応援いただけるコメントをいただきました。
初心者の皆さん、僕だけじゃなく、多くの自作パソコン経験者の方が初心者様の参加を心待ちにしているんですよ。
皆さん、親身になって協力してくれますよ。



さあ、一歩足を踏み出して 

自作パソコンの世界に飛び込んでみましょう。

きっとそこには新しい楽しみが待っているはずですから。




いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ

[PR]
by yamazakura12 | 2016-02-18 00:30 | 自作PC | Comments(4)

自作PC初心者応援企画 第七回 OSをインストールする 

応援企画執筆にあたって → ここから


皆さん、こんばんは。
自作PCを始めたいけど、どうやったらいいの?
そんな皆様の助けになれればいいなと「自作PC初心者応援企画」はじめました。

いやはやもう第七回なのですね。
組みあがった自作パソコンにOSをインストールして使えるようにしていきますよ。
電源ボタンを押して、ちぇんと動いた感動は何物にも変え難いですね(^_^)
a0093897_23020457.jpg
今回のリビングPCにはDVDドライブをがついておりません。
僕はいつもDVDからインストールするのですが、折角ですからDVDドライブ無しでインストールを試したかったのです。
そこで、OSソフト会社さんのHPからツールを使ってUSBメモリをインストールメディアにしたてました。
最新OS、Windows10のインストールとなります。
僕にとってもUSBメモリを使ったインストールは初めてです。
さてさて、どうなりますでしょうか。
a0093897_23063460.jpg
USBメモリをUSBポートにぶっ刺しまして、
パソコンの起動中にF8を押下して、ブート選択メニューを出しました。
a0093897_23105723.jpg
USBメモリのBUFFLO USB FLASH DISKを選びました。
すると、見慣れたロゴが登場し、インストールが始めるのを待っておりました。
a0093897_23161447.jpg
ところが、いくら待ってもインストールが始まる気配がありません><
BIOS(PC設定)画面でブート(起動)メニューの設定を変えてみます。
a0093897_23191674.jpg
ハードディスクのブート優先順位を変えて、USBメモリが最初に立ち上がるように設定しました。
それでも状況は打開できず・・・・・。

僕も初めてやる事は皆さんと同じように悩むのですよw

WEBで情報を拾っているとUSB設定の中にUSBメモリのエミュレート設定があることをつかみました。
エミュレート設定をHard Diskに変えて再挑戦しました。
a0093897_23235678.jpg
ところが、ここまでやってもまるでダメ。
Windows10をこんな古い機器にインストールしようとしているからダメなんでしょうか。
もう分からなくなって、しばらくこの画面のまま放置しておりました。
a0093897_23161447.jpg
そうして30分くらい経ったら
a0093897_23292120.jpg
なんと!この画面に!
なんの事はなく、USB接続では準備に時間がかかるらしく、30分くらいかかるだけでしたw
最近のUSB3.0でインストールすればそんな事はないでしょうけど、古い機器だから仕方がないですね。
言語、時刻、入力方式、キーボードの種類を選んだら、次へです。
今すぐインストールを押下です。
a0093897_23331829.jpg
Windows10 ProかWindows10 Homeの選択画面になりました。
このパソコンは既にWindows10 Proの使用権を得ておりますので、Windows10 Proを選びました。
いきなりプロダクトキーを聞かれます。
プロダクトキーが書かれたシールを見て入力します。
新規インストールを選んで、インストールするディスクを選びます。
今回は前のWindows10が入ってます。
クリーンインストールをしたいので、中身を一旦削除しました。
a0093897_23363457.jpg
まっさらにしたドライブを選んでインストール開始です。
a0093897_23373156.jpg
あとはしばらく自動で進みます。
a0093897_23382043.jpg
全ての項目が完了し再起動がかかるのですが、またこの画面で進みません。
a0093897_23161447.jpg
30分くらいずっとこのままで、あれれ?
a0093897_23292120.jpg
もう一度インストールし直せと??
実はBIOSの設定が間違ってたんです。
この画面のように設定してしまうと、ハードディスクからブートできなくなってるんです。
a0093897_23191674.jpg
なのでWindowsイントールプログラムが本来のブート先のハードディスクを立ち上げられず、またまたUSBメモリを立ち上げちゃったんですね。
ついつい、近年の超手間のかからないインストールに慣れすぎて、基本的な事を見落としてしまいました。
なんの事はなく、一旦立ち下げて、BIOSでハードディスクからブートするように設定しなおしたら、インストールが再開されました。
a0093897_23454336.jpg
簡単設定を選びまして
次の質問が”このPCは誰が所有していますか?”
a0093897_23480052.jpg
誰のって!俺のだよ!
って叫びたく質問ですね。
ようは会社で使うか個人で使うかを聞いてるだけです。
適切な方を選べばいいですね。
a0093897_23491525.jpg
Microsoftアカウントを入力です。
ここで作ることもできますが、もしアカウントをお持ちでない方はあらかじめほかのPCでアカウントを作っておいた方がスムーズでしょう。
PINの設定画面になり
a0093897_23514420.jpg
OneDriveの画面になり
a0093897_23561976.jpg
コルタナさんが挨拶してきて
a0093897_23565624.jpg
めくるめく、Windows10が立ち上がりました。
a0093897_23574321.jpg
正直、OSインストールは昔に比べればとても簡単になっております。
ほとんど自動で終わってしまいます。
古い機器で注意すべきはBIOSの設定くらいです。

さて、次回は

OSのインストールをしただけではリビングPCとして使いにくいので、ドライバーのインストールやカスタマイズしていく様子をお届けする予定です。


うまくOSまでインストールできれば、例えようのない達成感に包まれますね(^_^)

お疲れ様でした。


いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ
[PR]
by yamazakura12 | 2016-02-17 00:08 | 自作PC | Comments(0)

自作PC初心者応援企画 第六回 ハードディスク、電源、ビデオカードを設置する

応援企画執筆にあたって → ここから


皆さん、こんばんは。
自作PCを始めたいけど、どうやったらいいの?
そんな皆様の助けになれればいいなと「自作PC初心者応援企画」はじめました。


組み立て工程も今回の第六回で終了となります。
ハードディスク、電源、ビデオカードを設置していきます。
まずはハードディスク。
スペースに余裕のあるケースではハードディスクの取り付けにネジ不要の設計をしている場合が多いです。
今回使用しているMAMORU-BKはスペースが少ないため、さすがにそのような便利機能はついておらず、ネジで固定する方式です。
a0093897_20383716.jpg
ハードディスクを立てて、ネジで固定します。
a0093897_20401963.jpg
ハードディスクを立てても大丈夫なの?と思われる方もいますかね。
なんの事はなく、外付けハードディスクもハードディスク内臓テレビも
みんなこの方式ですよね。
4か所を止めて、ハードディスクの固定が完了です。
a0093897_20431190.jpg
電源の設置に移ります。
ちょっとこのケースの場合は特殊な位置になります。
通常は電源の設置位置はケースの後方下部です。
一方でこのケースは前面上部になります。
a0093897_20474995.jpg
スリムケースではこの位置なのがわりと多いかもしれません。
カバーを外し、SFXタイプ(サイズの小さい)の電源を設置します。
a0093897_20492622.jpg
電源設置の際に注意する事として
吸気の向きがあります。
ケースの外部から冷たい空気を取り込むか
ケース内部の熱い空気を外へ排気するかを選ぶ事になります。
どっちがいいかはケースバイケースですが、外から吸気した方が内部の熱に影響されず電源が安定するという考え方の方が多い気がします。
今回も外から吸気する方向で電源を設置しました。
a0093897_20532572.jpg
電源の固定はネジ止めです。
しっかりと固定しましょう。
a0093897_20560069.jpg
カバーをして、電源本体の設置は完了です。
a0093897_20563864.jpg
ここで一安心というわけにはいきません。
実は電源の設置はここからが大変です。
接続されているすべてのパーツに電源コネクタを接続しなくてなりません。
a0093897_21015952.jpg
パーツ数が多いほど大変な作業となります。
今回のリビングPCはパーツ数が少ないので下記3点のみとなります。

マザーボード用ATX24PIN。
a0093897_21023450.jpg
CPU用ATX12V。
こちらはマザーボード設置の時に紹介しましたね。
a0093897_21040798.jpg
延長ケーブルを利用していますので、ケース裏側のスぺースを使って接続です。
a0093897_21055159.jpg
ハードディスク用SATA電源
a0093897_21071579.jpg
たったこれだけ。
自作パソコンとしては少ない方です。
なお、このタイミングでハードディスク用のSATAケーブルを取り付けています。
a0093897_21090405.jpg
SATAケーブルも電源ケーブルも差し込むだけです。
外すときにロックを解除する必要がありますので、力いっぱい引っ張って無理やり外すなんて事がないように気をつけたいです。
全てのコード類の設置が終わりました。

ふぅ~。
やっと一息つけますね。
裏配線(ケースの裏側に配線をまわす)をして表側をキッチリする事もできますが、コードに負担がかかるし
最初はそんな事は考えず、確実に接続する事を目指しましょう。
この眺めが↓汚く思えてきたらキッチリやりましょうw
a0093897_21151398.jpg
今回はある程度はケース裏に配線を回しております。
a0093897_21161339.jpg
この状態で裏のカバーを閉めるのもなかなかコツがいるのですよ。
コツは配線をばらして平らになるようにすること。
僕は力加減を調整してカバーで配線を広げて閉めています。
a0093897_21181483.jpg
最後の仕上げ
ビデオカードを設置します。
ビデオカードはPCI-Expressスロットへ刺します。
大抵は一番上か、上から2番目です。
a0093897_21212623.jpg
ビデオカードをスロットにあてがったら、マザボードに対して水平に入れ込みます。
a0093897_21232849.jpg
ブラケット部分をねじ止めして設置完了です。
a0093897_21243298.jpg
ここまで長い道のりでしたね。
ついに完成しましたよ!
a0093897_21252174.jpg

苦労して自分で作り上げた、世界に一つしかない自分だけのパソコンです。

しばらく見とれてしまいますか?

あ、なるほど、ちゃんと動くかが心配ですね。



それでは次回、OSソフトの導入をしていきます。


いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ
[PR]
by yamazakura12 | 2016-02-15 21:35 | 自作PC | Comments(6)

自作PC初心者応援企画 第五回 ケースへマザーボードを設置する 

応援企画執筆にあたって → ここから


皆さん、こんばんは。
自作PCを始めたいけど、どうやったらいいの?
そんな皆様の助けになれればいいなと「自作PC初心者応援企画」はじめました。

さて、第五回はケースにマザーボードを設置します。
メインのボードの設置になります。
順に説明しますが、ケースから出てくる信号線をすべて設置しますので
PC組み立ての中でも面倒な部類に入りますね。
a0093897_22483976.jpg
PCケースのサイドパネルを開けていきます。
今回使用するPCケースのMAMORU-BKのサイドパネルの開け方はオーソドックスなものとなります。
まずは背面にある上下の固定ネジを外していきます。
a0093897_22520625.jpg
手で回せるように溝があるのが特徴です。
ネジを外したら、後ろ方向に引き抜くように外します。
a0093897_22543114.jpg
PCケース内部は当然何も設置していないので、ガランとしていますね。
今回のコンセプトはリビングPCですから
我が家の狭いリビングに置けるようにコンパクトでスリムなケースを選んでおります。
上の写真。
ほんと、うっすいっしょw
どうやってマザーボード等が収まるのか興味津々ですね。
マザーボードを設置する前にスペーサーと呼ばれる六角ネジを設置します。
このスペーサーなんですが
なぜこのような物を設置しなくてはならないかというと
マザーボードの裏側にヒントがあります。

a0093897_23035840.jpg
何やら銀色の半田がいっぱい見えますね。
表側の電子部品を裏側から半田付けしているんです。
PCケースのマザーボード設置面は大抵はスチール製で導通してしまいます。
つまり、そのままスペーサーなしでマザーボードを設置してしまうとショートしてしまうんですよ。
恐ろしいですね。
そのような事が起こらないように、しっかりスペーサーを取り付けていきますよ。
a0093897_23072406.jpg
写真の金色の六角ネジがスペーサーとなります。
マザーボードのサイズによって、スペーサーを設置する箇所が変わってきますので、マザーボードを当てがって設置する箇所を決めてください。
六角ネジ用のドライバーとかあれば便利なのですが、なかなか家に置いてないのが普通ですね。
ペンチでつまんで回せば良いだけです。
MAMORU-BKにはドライバーで回せるように出来るアタッチメントが付属していました。
a0093897_23145693.jpg
こういった物があれば、便利です。
a0093897_23155623.jpg
スペーサーが設置できたら
I/Oシールドの設置になります。
a0093897_23171904.jpg
PCケース背面に内側から設置する事になります。
上下逆さまに取り付けないようにマザーボードのI/Oパネル(キーボードやマウス、USB、音声コネクタが並んでいる所)をしっかり見て上下を合わせてください。
a0093897_23204906.jpg
I/Oシールドの外枠に沿って親指でグイっグイっと押さえつけていくのがコツです。
ジャンクでマザーボードを購入する場合、I/Oシールドが付属していない事もあります。
I/Oシールド無しでもPC動作には支障はありません。
ただ、PC裏側がガラ空きになるので、ほこりが侵入してしまうし、音も漏れるし、何より見た目が最悪になります。
I/Oシールドを自作する事も出来ます。
僕が前に投稿したこちらの記事を参照ください。
ここまで準備できたらマザーボードを置きます。
a0093897_23471039.jpg
この時、後で電源設置の時に厄介になるCPU用ATX12V電源を配線しておいた方がいいです。
この12V電源はマザーボードを固定した後だと入れにくい事が多いです。
a0093897_00234121.jpg
マザーボードの設置に戻ります。
マザーボードを置いたら、I/Oシールドへ向けてマザーボードをずらして設置します。
I/Oパネルがきっちり入れば、マザーボード固定穴にぴったり収まるはずです。
a0093897_00303296.jpg
全ての箇所をねじ止めしてマザーボードの固定が完了します。
a0093897_00313685.jpg
今回は信号ケーブルを接続していまします。
ケースから様々な信号ケーブルが伸びています。
a0093897_00341726.jpg
初めて組み立てるのあれば
あまりに沢山信号ケーブルあり、どれがどれだかさっぱり分かりませんよね。
落ち着いて信号ケーブルの先端を見れば、HDD LEDとかRESET SWとか書いてあります。
それぞれマザーボード上に刺す場所が決まっています。
いちおマザーボード上に表記があるのですが、分かりずらいのでマザーボードのマニュアルを見ながらの設置となります。
マニュアルとにらめっこして
a0093897_00382870.jpg
パネルコネクターのページを見ながら接続していきます。
HDD LEDとPower LEDはプラスとマイナスを間違えると点灯しませんので、間違えないようにしてください。
a0093897_00412105.jpg
こんな狭いところに何本も刺さなきゃならないので、骨が折れます。
5年くらい前からASUSのマザーボードにはQ-コネクタなる簡単に設置できるアタッチメントが付属するようになりました。
今回のマザーボードはそのような便利なものが登場する前のものになりますので、目がくらくら、指が痛くなりながら設置しなくてはなりません。
ケースが狭すぎてどうしても無理な場合は、マザーボードを外して設置した方が楽です。
a0093897_00460657.jpg
ジャンク購入でマニュアルが付属していない場合でも
メーカーHPからマニュアルをダウンロードすることができます。
2本線の信号ケーブルばかりではありませんね。
フロント用のUSBケーブルとフロントオーディオケーブルもありますので、こちらもマニュアルを見ながら設置していく事になります。
a0093897_01025756.jpg
差し込む方向の間違いを防止するため、一か所の端子が欠けておりますので、その欠けに合わせて設置します。
a0093897_00515779.jpg
a0093897_00535107.jpg

また、ケースファンコネクタもマザーボードへ接続が必要です。

a0093897_00564764.jpg
a0093897_00594430.jpg

信号ケーブルの設置はこのタイミング行ってもいいし
電源の設置と一緒に行ってもいいです。
やりやすい方で構わないと思います。

以上でマザーボードの設置は完了となります。
お疲れさまでした。

次回は電源の設置を予定しております。



+++ OSソフトの準備について +++
この企画ではハード面についての説明に重きを置いております。
OSソフトの準備については詳しい説明を考えておりません。
基本的にOSソフトは別途ご自分で用意しなくてはなりません。
Windowsは通常に買えば高額になる場合も多く、
自作パソコンパーツの予算とは別にOSソフト購入代も考えておいた方がよいでしょう。
既にお持ちの場合や無料のLinuxを利用する場合は別途料金が発生する事はありません。
折角新たな挑戦で自作パソコンを作るのであれば、慣れ親しんだWindowsは置いておいて、Linuxに挑戦するのも一興です。
Linuxは初めてでも最近のものは大変利用しやすくなっており
LinuxMint17.3 Cinnamonなどを利用すれば最初から日本語化されてます。
(日本語化されたイメージをくまさんISOからダウンロード可能です)
重いかもしれないとお考えでしたら、同じHPでLinux Mint 17.3 Xfceも作ってくれています。
無料ですので、いろいろ試せるのも利点です。
また、Windowsの場合でも、OSソフト会社さんがプレビュー版を提供する時期には期間限定ですが無料で試せる場合もあります。
そのような機会を積極的に利用するのもアリだと思います。
この企画ではすでに入手済みのWindows10をクリーンインストールする模様をお届けする予定です。



いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ

[PR]
by yamazakura12 | 2016-02-14 01:20 | 自作PC | Comments(6)

自作PC初心者応援企画 第四回 パーツを選定する(補足)

応援企画執筆にあたって → ここから


皆さん、こんばんは。
自作PCを始めたいけど、どうやったらいいの?
そんな皆様の助けになれればいいなと「自作PC初心者応援企画」はじめました。

第四回の予定は組み立ての続きだったんですが、ちょっと組み立てをお休みにしてパーツ選定の補足をお届けします。
というのも、僕は当初、組み立ての不安が一番じゃないかと思ってたのです。
だけど皆さん、どんなパーツを選べばいいのか。
どのパーツの組み合わせなら使えるのか
どうやって調べればいいのか
さっぱり分からないんじゃないかと思いまして。
僕も一番最初は、何買っていいか分からなかったので、組み立てキットを買ったのでした。

パーツ選定に決まった方法はありません。
皆さん、最初にいずれかのパーツを決めて
そのパーツが使えるようにほかのパーツを選定していくと思います。
セオリーとしては、最初に選ぶのはCPUかマザーボードでしょうね。


一例としては次のような感じ

まず性能と価格のバランスを考えてCPUを選ぶ。

そのCPUが使えるマザーボードを選ぶ。

そのマザーボードで使えるメモリを選ぶ

そのマザーボードで使えるハードディスク又はSSDを選ぶ

マザーボードの大きさに合わせてケースを選ぶ

ケースに搭載可能な電源を選ぶ

この時にCPUがマザーボードで使えるかって、どうやって調べたらいいのかわかりませんね。
実はマザーボードのメーカーはユーザーが困らないようにHP上にサポートCPU情報を掲載しているんです。

例を上げて説明します。

ASUS製のATX規格マザーボードのP5Q-EにCPUのCore 2 Quad Q8400が搭載できるか調べてみます。
まずはyahoo検索でもグーグル検索でもいいので、P5Q-Eと入力して検索してみます。
a0093897_15070651.jpg
検索結果が出てきたら、P5Q-E-ASUSのページ(マザーボードメーカーのページ)へ飛びます。
a0093897_15100454.jpg
表示されたらCPUサポートをクリックします。
そうすると、搭載できるCPUの一覧が表示されます。
この中にCore 2 Quad Q8400があれば使える事になります。
a0093897_15151442.jpg
ちゃんとありましたね。
使えることが分かって一安心です。
ちなみに"ALL"というのはマザーボードのすべてのリビジョンで使えるという意味で、"2001"というのはBIOSのバージョンを2001に上げれば使えるという事です。

PCパーツは製品型番で検索すれば、メーカーもしくは代理店がしっかり情報を載せていることが多いです。
中古屋で良さげな物を見つけたときは、まず型番を読み取って持ってるスマホで型番を検索するのがジャンカーの日常ですw
ある程度内容が分かってる場合はその場で買う場合もあるし、全くわからんものは一回家に帰ってしっかり調べてから購入を検討しますね。
僕の場合ですけどね。

CPUの性能を比較したサイトなどもありますので、パーツ選定をはじめたら、毎日パソコンやスマホとにらめっこです。

そうすると、最初に決めたコンセプトにはこっちの方が合うんじゃないかとかイロイロ悩みますw
それが楽しいのが自作パソコンの世界ですよ(^_^)


それから

最も好ましい中古/ジャンクパーツは”動作確認が取れているもの”と僕は考えています。
いくら美品でも、機能しなければ意味がないですから。

そうなると、中古屋で高値で売ってるパーツより
お友達が「新しいの買ったから古いのあげる」と言ってくれたパーツが最も良い物になりえます。
好意でいただいた0円の物の方が中古屋で売ってる数千円のものより価値があるなんて事もありえるのです。

友達を大事にしましょう

中古屋で買うにしてもヤフオクで買うにしても、以前の使用状況がどうだったか
どういう経緯で中古屋に並ぶことになったか
中古屋での動作確認状況はどうか
ヤフオクでの商品説明や中古屋の注意書きを見ながら推理していく事になります。

真実はいつも一つ!!



次回は組み立てを再開します。



お楽しみに^_^


いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ

[PR]
by yamazakura12 | 2016-02-12 15:50 | 自作PC | Comments(6)

自作PC初心者応援企画 第零回 自作PC初心者応援企画執筆にあたって

いつも”なにも思いつかなくなったブログ”を応援いただき誠にありがとございます。
ブログを観て頂いて自作パソコンを初めてみたくなったという方のために

自作PC初心者応援企画を始めました。

僕のブログでは中古やジャンクで安く仕入れたパーツを使いこなしていく過程を紹介しており、
観て頂いた方が同じように”パーツを再利用していく事で自作パソコンを楽しみたい”と思っていただける。
そのようなお考えを後押しするのが企画の意図でございます。

しかしながら、PCパーツを組み立てる作業は決して簡単な事ではありません。
新品のパーツを買って組み立ててもうまく動かない事があるほどなので、
ましてや中古やジャンクのパーツを買ってきて、まともに動かすのは容易な事ではありません。
その事を十分理解した上で挑戦するのであれば、記事内容も活きてくるってもんです。
記事上での事、伝わらない内容もありますので、うまくいくかどうかは情報収集の量と質にかかってくるかと思われます。

確実に新品パーツで組むよりは面倒になりますので、とにかく面倒な事がお嫌いな方は初めから新品パーツを購入して組む事を強くお勧めします。

僕も今までいくつかのパーツを購入し、修理し、利用してきた知識がありますので、コメントでご質問いただければお答えしていこうと思います。
でもやっぱり最後に成功するかどうかはご自分の検索能力や不具合原因を推察する力、判断力、行動力に依るでしょう。

是非とも挑戦してみてください。

a0093897_20002984.jpg



いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ
[PR]
by yamazakura12 | 2016-02-11 20:02 | 自作PC | Comments(6)

自作PC初心者応援企画 第三回 CPU、マザーボード、メモリを組み立てる

応援企画執筆にあたって → ここから

皆さん、こんばんは。
自作PCを始めたいけど、どうやったらいいの?
そんな皆様の助けになれればいいなと「自作PC初心者応援企画」はじめました。

第三回の今日はいよいよ組み立てを開始します。
組み立てで大事なのは慌てない事。
初めてでパニックになるのも分かりますが、必ず解決方法がありますが落ち着いて作業をする事が大事です。

って、おまが言うなよですね(^_^;
僕の慌てぶりといったらw

初めて組み立てるドキドキと不安。
たまらないですわ(じゅるっ
緊張して組み立てた後、自分が作ったパソコンが動いたあの感動。
忘れえない物になるに違いありません。

基幹パーツのマザーボードにCPUとメモリを組み付けていきます。
全てのパーツはマザーボードに取り付けていく事になります。
まずはCPU。
a0093897_19324338.jpg
この部分に取り付けます。
なにやら細いピンが何本も立ってますね。
今回使用するCPUの形式はLGA775パッケージと言って、マザーボード側にピンが775本も立ってるんですよ。
で、CPUの裏側には775個の端子があって、この剱山の上にCPUを置くことによって導通させるわけですな。
なんの事はなく、この方式は現在に至るまで変わっていません。
最新のSkylake CPUのピン数は1151本です。
増えてますね~。
導通がただ置いてるだけなのでCPUの裏を不用意に触って、指についた油がCPUの裏の端子についたら、端子が酸化して接触が悪くなっちゃいますよね。
だからCPUの裏の端子には触っちゃだめなんです。
CPUは横面をつまむように持ちましょう。

では組み立てに戻って、
杖のような形をしたレバーを横にずらして引き上げます。
そして銀色のカバー(正式名称はロードプレート)を引き起こします。
a0093897_19432438.jpg
黒いカバーがついてる場合もありますが、そのカバーは普通に外して構わないです。
慎重にCPUを置きます。
CPUが置ける方向は決まっています。
a0093897_19464939.jpg
写真の赤丸に着目ください。
金色の△が必ず写真の位置になるようにしてください。
また、2か所の位置合わせ用の凹みを合わせてください。
間違った置き方すると赤丸の位置が合いません。
方向が間違っていない事を確認したら、銀のカバーを被せます。
a0093897_19510283.jpg
あとはレバーを倒して引っ掛ければ完了です。
a0093897_19515879.jpg
CPUを置く方向を間違えない事。
ゆっくり慎重に作業する事。
この2点を守れば、そんなに緊張しなくても大丈夫ですよw

続いてCPUクーラーを取り付けていきます。
CPUはむっちゃくちゃ熱くなりますからね、冷やすためのファンを取り付けてやらないといけません。
CPUクーラーには放熱板がついているのですが、よりCPU表面との密着性を上げるため、グリスと言われるものを塗ります。
a0093897_20015112.jpg
PCショップなどで数百円から千円代で売っています。
どれを買っても機能は果たしてくれます。
じゃなぜ値段が違うかというと、冷却する性能がこのグリスで左右されてきますので、良いものは高いんですな。
今回使用しているCPUは比較的低発熱の部類ですので、正直、どんなグリスでもいいです。
高性能なCPUほど、冷却性がシビアに要求されるようになりますね。

グリスをCPU表面の真ん中にうん○盛りします。
この量が一番難しいところ
少なすぎてもいけないし、多すぎてもイケナイ。
写真の状態でちょっと多いくらい。
少ないよりは多少多めの方がいいです。
a0093897_20074311.jpg
え?!真ん中だけでいいの?
そう思ったアナタはいいとこついてますよ。
実はこの後、CPUクーラーを取り付けたときに自然に全体に伸びるんです。
今は僕はこの方式を使ってます。
グリスの塗り方ひとつをとってもそれぞれのスタイルがあり、自分の信じる塗り方があるものです。
ね、面白い世界でしょw
ではCPUをクーラーをマザーボード上に置きます。
a0093897_20112069.jpg
4つの足がマザーボードの4つ穴に入るように位置を調整してください。
それから、足に何やら矢印がついてますよね。
この矢印の向きと反対の方向に回転させておいてください。
4本ともです。
矢印の向きは外すときの方向なので。
この辺りを勘違いされる方が多いです。
さあ、4つの穴の位置に足がきてますか?
そしたら対角線上に押し込んでいきます。
カチャッとなるまで押し込みます。
全て押し込み終えたら完了です。
a0093897_20153729.jpg
裏から見てみると、先端の白い部分が真ん中の黒いプラスチックに押されて広がってるのが見えます。
a0093897_20164355.jpg
こうなってれば成功です。
忘れちゃいけないのはファンのコネクタを差し込んでおく事。
a0093897_20173712.jpg
CPUクーラーの取り付けは慣れないと大変なので、設置できた事にホッとして忘れがちです。

後はメモリの取り付けになります。
a0093897_20275196.jpg
黄色と黒のストライプ部分に取り付けます。
なんでしょうwこのカラフルな配色。
ちゃんと意味があるのです。
DDRという規格が出来た頃からメモリは2枚で1セットになりました。
どういう事かと言うと、2枚を同期させて速度の向上を計ってるんです。
同期させる特性上、必ず同じ容量のメモリを使用しなければなりません。
トラブル回避のためには、全く同じ種類のしかも製造ロットも同じものが好ましいです。
それで、メモリは2枚一組で売ってるわけですな。
2枚で1組。
マザーボードの色分けも黄色が2つあって1組。黒色が2つあって一組。
2枚一組のメモリをそれぞれ同じ色にセットしてくだいという事です。
取り付け方法の説明に移ります。
メモリソケット(白い部分)を外側に倒します。
両側倒せるタイプのマザーボートと片側しか倒せないマザーボードがあります。
a0093897_21083984.jpg
マザーボードの説明書を見ると、1枚の場合、2枚の場合、3枚の場合、4枚の場合はどのように刺すかが書いてあります。
その通りに刺していけば問題ないです。
今回使用しているマザーボードは2枚の場合は黄色でも黒色でも良いようです。
メモリの真ん中付近にメモリノッチという凹みがあります。
このノッチで方向が決まりますので、ピッタリノッチが合うように置いてください。
a0093897_21134559.jpg
後は左右を抑えて、真下に向かってぎゅーとメモリがマザーボードに対して水平になるように押し込みます。
カチャッとメモリソケットが上がってくれば設置は完了です。
a0093897_21163056.jpg
もう1枚も同様に設置して、メモリの設置を完了します。

ふぅ~。
ここまでが結構気を遣う作業でお疲れになるかと思います。
a0093897_21185087.jpg
重要パーツの設置を終えたマザーボードを見ながら、一息つきましょう。

ここまでの作業が間違っていなかったか、確認したくなりませんか?
実はここまで組めれば、設定などを行うBIOS画面を立ち上げる事ができます。
特に中古/ジャンク品で組んでいるとなれば、何かのパーツが動かない可能性もありますので、全部組んでしまう前に基幹パーツをチェックできる利点もあります。

電源をつなげてみますよ。
つなげるコードは電源パーツから出ている一番デカいコード。
24PINコード。
a0093897_21255078.jpg
マザーボード上に一番デカく存在してるコネクタに接続します。
それからCPUの近くに田の形をしたコネクタがありませんか?
マザーボードによっては田田と二つ並んでいます。
ここへも接続します。CPU用ATX12V電源です。
a0093897_21304912.jpg
電源の接続はたったこれだけです。
後は映像出力を確認するため、モニターをつなげてください。
a0093897_21333046.jpg

電源コードをコンセントにつなげて、動かしてみますよ。
ドキドキしますね。
どうやって電源を入れるか困ってしまいますね。
まだPCケースとつなげてないので、電源ONボタンはありません。
実はですね、パソコンの電源ボタンって、ただ端子間をショートさせてるだけなんですよ。
マザーボードのマニュアルにあるPower SWの接続端子をショートさせるだけで起動しちゃうんです。
a0093897_21375461.jpg
ショートのさせ方は、ドライバーの先端で2つの端子を導通させてやればいいんです。
a0093897_21401032.jpg
動き始めたかどうかの確認はCPUファンが回りだすかどうかで確認してください。
おおお!勢いよくCPUファンが回り始めましよ。
a0093897_21420171.jpg
しばらく待って、めくるめくBIOS起動画面がモニターに映し出されました。
a0093897_21432194.jpg
おおお!ここまでの組み立てはうまくいっているようですね。
必ずやっておかなくてはならないわけじゃありません。
初めての自作の場合、都合よくモニターがない事や、マザーボード自体に映像出力がない場合もあると思いますので、可能であればの範囲で結構です。
BIOS画面を操作できるキーボードを接続しておけばなおGOOD。
CPUの認識状態やメモリの認識状態も確認できます。
a0093897_21465399.jpg
CPU、マザーボード、メモリの組み立てはこれで終わりです。


次回からは各パーツをケースに取り付けていきますよ。




いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ
[PR]
by yamazakura12 | 2016-02-10 21:49 | 自作PC | Comments(4)

自作PC初心者応援企画 第二回 パーツを選定する

応援企画執筆にあたって → ここから

皆さん、こんばんは。
自作PCを始めたいけど、どうやったらいいの?
そんな皆様の助けになれればいいなと「自作PC初心者応援企画」はじめました。

コンセプトが決まったらパーツを選定していきます。
自作パソコンと一口で言ってみても
最先端の性能を誇るハイクラス:20~30万円から
時代遅れで中古屋に1000円で並んでいるローエンドまで
幅が広く、初めて組むのであればどれを買ったいいかさっぱりですよね。
そもそも、パーツにはどんなものがあるかもわかりませんよね。
自作パソコンはAT互換機というIBMが始めたパーツの規格により
いろいろな組み合わせでも使えるように設計されています。
しかし、CPUという言わば頭脳部分が目まぐるしく進化しており、その進化の過程で端子数が増えた結果、最近の物は昔の規格では使えないという事態が起きています。
なので
中古屋でCPUを買って、最近のマザーボードと言われる母基板を買っても、取り付けられないという事が起こります。
このあたりが不安ですよね。
じゃあ、パソコン組める人はどの組み合わせならOKか全部頭に入っているんですかね。
んなわけないっしょw
中にはすべてのパーツの規格が頭に入っている人もいるかもしれませんが
自作パソコン経験者の僕らも、初めて組み立てようとするあなたと同じで調べないとわかりませんよ。
知識の面で臆することはぜんぜんありません。
基本的な事を知っていれば十分です。
一番の基本は動かすのに必要なパーツの種類です。
パソコンを動かすには

CPU(パソコンの頭脳)
マザーボード(母体となる基板)
メモリ(一時的にデータを置いておく場所)
ハードディスク(永続的にデータを置いておく場所)
ケース(箱)
電源(電気を変圧する機械)


が必要です。

このほかに
CPUにグラフィック機能が内蔵されていない場合と
マザーボードにグラフィック機能が内蔵されていない場合は
ビデオカード(映像を作り出すもの)が必要になります。

入力機器としてマウスとキーボード
表示する機器としてモニターがありますが、そこまでは説明の必要もないかと。

最低でも6種類のパーツを手に入れなければなりません。

はい!眠くなる一般論もここまでにして、
いよいよ今回のリビングPCに使うパーツを紹介しますよ。

その前にちょっとだけ概要から
前回の講座で2コアがどうとか言ってましたよね。
コア数というのはCPU(頭脳)の中に入ってる計算機の数ですよ。
2コアは2個計算機が入っていて、4コアなら4個入っています。
1個しか計算機が入っていないより4個入っていて別々に仕事してくれた方が効率がいいですよね。
これがマルチコア理論であり現在の主流です。
おおざっぱにいうのであれば

WEB検索、WEB動画観賞、ワープロ、表計算など比較的軽い仕事なら2コア

PSO2やドラゴンズドクマオンラインのような最新のオンラインゲームをストレスなく楽しみたい場合や、動画の圧縮作業(エンコード作業)を行うのであれば4コア

BF4等の激重ゲームをヌルヌルと最高設定で楽しみたいのであれば8コア(4コア+4スレッド)

となります。
ちなみにこの理論。
僕が勝手に決めましたw

実際問題。
何コアでいいかなんて人それぞれ意見が違います。
僕の場合は低スペックをなんとかする方針ですので、ほかの人より低スペックで考える癖があります。
その点を考慮ください。

リビングPCはWEB検索、WEB動画観賞、ワード/エクセルの表示のみ、HD動画の再生のみで考えているので
2コアのCore 2 Duoをチョイスしています。

また、
お金がある方は何も考えず組み立てキットなり、BTOを利用するなり方法はいくらでもありますよね。
でも僕のブログですから。
超絶お金ない僕ですから(泣
中古やジャンクを多用してなるべく安く上がるように選定します。
賛同いただける方はもう仲間だ!

まずはCPU。
Core 2 Duo E6300。
Core 2 Duoシリーズが発売された当初の廉価版ですね。
この時にジャンク品としてヤフオクで1400円。
a0093897_22283000.jpg
今買えば、もっと安いかと。


お次はマザーボード。
Core 2 Duo E6300が載るASUSのP5LD2-VMです。
この時にPENTIUM4とメモリ付きでヤフオクで1900円。ジャンク品として購入しました。
a0093897_22350556.jpg
こちらも今買えばもっと安いです。


メモリ
先のマザーボードにセットでついてた
DDR2 800Mhz 1G バイトが2枚になります。
a0093897_22373054.jpg
このメモリは最近まで認識しない状況に陥っていたのですが
鉛筆復活法と力技で見事に復活させています。
この記事で紹介しています。
ね、超貧乏くさいでしょw


CPUクーラーはハードオフで864円で買ったリテールクーラーです。
もちろんジャンク購入です。
ちょっとジャンクにしては高かったかも。
a0093897_22443250.jpg
安い店なら100円っすよね。



ハードディスクはヤフオクで500円購入。
Segate製 SATA2 80Gバイト。
a0093897_22562131.jpg
SATA3じゃないから最近の物より遅いけど、奮発してSATA3付けてもマザーボードがSATA2までしか対応していませんしね。
容量は沢山プログラムを入れるとか、録画データを撮りためる用途がなければ80Gバイトでもいけます。
まあ、それも持論ではありますが。
できればもっと容量があった方がいい事は確かです。



ケースは中古として購入したMAMORU-BKです。
ケースには目がないのでちょっとお高め2980円でした。
a0093897_22591194.jpg
こだわりのポイントです。
スリムタイプのM-ATXです。
コンパクトです。
かっこいいです。
MAMORUの購入後、このケースの魅力をたっぷり紹介しておりますので
良かったら、ご覧ください。
Misson1
Misson2
Misson3
Misson4
Misson5
最終Misson



最後に電源です。
電源はプライスレスw
というかあまりに古すぎて値段が付かない300WのSFX電源を使います。
今回の構成の中で1、2位を争う不安定要素です。
うまく動作するかどうかはこの電源にかかっています(ゴクリ
いちおメーカーは有名どころのENERMAXなんですが・・・・。



ここまで紹介したパーツを組み上げればパソコンとしては機能します。

で~も~

コンセプトの一つであるレグザの大画面に表示したいを実現するにはもう1パーツ追加する必要があります。
マザーボードのグラフィック機能にHDMI出力がついてないのですよ。
古いタイプの物はこのような問題が発生しますね。
今売ってるマザーボードには大抵ついてるんですけど。
そこで、ビデオカードを追加します。
稼働音が気になって使っていないGeforce GT240のものです。
a0093897_23123082.jpg

リビングPCに使う分にはパソコンの設置場所が2mも離れているし、常にテレビから音声が出ていますから、厄介な稼働音を気にせず使えるでしょう。
このビデオカードも古いものです。
当時新品で買ったのですが、現在のヤフオク落札価格を調べると1500円くらいですね。

以上です。

ちなみに合計金額は9144円。
一気に買ったら高い気がするけど、中古/ジャンクは徐々に集めていくものですので
1回あたり2000円いかないお金で済むという考え方もできます。
ジャンクパーツでパソコンを組んだという動画を見る限り、僕の地域の中古屋は全国的にも値段が高いようです。
都市部の方が断然安いみたい(泣
その事を思うたびに、ああ、都会に住みたいと思ってしまうw
皆さんならもっと安く仕入れられるかもしれませんね。


さあ、次回からはついに組み立てが始まりますよ。

お楽しみに^_^


いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ

[PR]
by yamazakura12 | 2016-02-09 23:38 | 自作PC | Comments(2)


クールに格好良くきめたいのに、やる事なすことお粗末すぎる男の日常を垣間見るブログです


by yamazakura12

プロフィールを見る

カウンター

ブログパーツ

最新のコメント

素晴らしいソフトをありが..
by youtube dvd 焼く at 12:15
> 774さん コ..
by yamazakura12 at 17:55
むしろ液こんのほうがあり..
by 774 at 23:41
haptanさん ..
by yamazakura12 at 21:10
またまたこんちゃ! h..
by haptan at 20:35
chrryさん コ..
by yamazakura12 at 09:53
すばらしい! この外付..
by chrry at 00:12
アルッタンビさん ..
by yamazakura12 at 20:42
返信ありがとうございます..
by アルッタンビ at 12:26
アルッタンビさん ..
by yamazakura12 at 18:22

タグ

(449)
(80)
(35)
(26)
(22)
(20)
(17)
(17)
(16)
(15)

外部リンク

カテゴリ

全体
自作PC
ジャンク/修理
TV録画パソコン
auひかり
Windows関連
ゲーム
パソコン
料理
旅行
ハムスター
グルメ
ガンダムオンライン
PSO2
マビノギ英雄伝
マビノギ
自作PC パーツ構成
その他

スマートフォン
買い物
音楽
山勘物語

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2016-07-30 18:50
第800話 今度のジャンクマ..
at 2016-07-26 23:04
ギルド活動停止
at 2016-07-25 20:34
第798話 安物買いの銭失い..
at 2016-07-24 15:47
第797話 ジャンクとは動か..
at 2016-07-23 10:49

記事ランキング