タグ:Power DVD ( 8 ) タグの人気記事

Power DVD 12 Ultra H.264 DivX 再生の不具合解消

Power DVD 12 Ultraで困っていた問題、H.264コーデックおよびDivXを内部ストレージから再生すると音ズレが発生する問題にいよいよ終止符が打たれた。

2012年9月10日のアップデートを当てたところ見事に音ズレが無くなった。


これで綺麗な画質で動画が思う存分楽しめる!


待ちに待ったこの日がやってきた!


同じようにWindows 7の64bit版で困ってる人は試してみるといいだろう。



※2012年9月10日 アップデート内容

a0093897_9521254.jpg

[PR]
by yamazakura12 | 2012-09-23 09:53 | パソコン | Trackback | Comments(4)

Power DVD 12 Ultra Windows 7 32bit では問題が起こらない?

Power DVD 12 UltraをインストールしているパソコンはWindows 7 Professionalの64ビット版だ。

OSのせいなのかわからないが、H.264コーデックの動画やDIVXコーデックの動画をハードディスク内からPower DVDで再生すると映像が進み音声とずれてしまう現象が起きている。

パソコン構成などが大きく異なるパソコンではあるが、Windows 7 Home Premium 32ビットバージョンのパソコンで体験版をインストールしてみた。

果たしてメイン機と同じような不具合が起きるのだろうか?

結果は・・・・・・・・・・・・・・・・・























まったくもって正常だ。

メイン機で起きているの映像と音声のズレは発生しない。

条件がいろいろ異なるところではっきりはしないが、なんとなくWindows 7 64ビットマシンにだけ不具合が起きるのではないかと予想した。

いずれにせよ、アップデートを待たなければならない状況であろう。
[PR]
by yamazakura12 | 2012-09-02 00:07 | パソコン | Trackback | Comments(0)

Power DVD 12 Ultra 驚きの真実

俺の環境ではPowerDVD 12 UltraでH.264の動画を再生すると音ズレが発生すると書いた。

同じような不具合の書き込みがあまり見受けられない。

もしかしてうちはwindows7 64bitだからいけないのか?

検証のためにWindows7 32bitマシンにアクティベーションの関係でインストールできなのでなんとも言えない。

あ!そうか!体験版を使えばいいのだ!

今度検証することにしよう。


とりあえず今日わかった驚愕の事実を書いておこう。

後々のトラブル回避のヒントになるかもしれない。




なんと音声が遅れているのではない!映像が進んでいるのだ!



この事実に気がついたのはPowerDVDとMPC-HCで同時に同じ動画ソースを頭をそろえて再生した事で気がついた。


a0093897_17513429.jpg


PowerDVDの方の映像が微妙に早く流れ、音とずれていくのだ。

30分も経ったころには音が遅れているように感じたが、実は映像が早まって流れていたのだった。

こんな症状見たことない。

普通はパソコンの能力不足で映像が追いつかず映像が遅れるんじゃないのか?

この事実にはまったくもって驚いた。

この明らかにおかしい事態に誰も気がついていないのだろうか?
[PR]
by yamazakura12 | 2012-08-27 17:56 | パソコン | Trackback | Comments(3)

POWER DVD 12 ultra やっぱりおかしいようだ?

相変わらず忙しい。

そして相変わらず何も思いつかない。

ようこそ、なにブロへ!



寝る前の数十分だけ、気になっているPower DVD 12 ultraのh.264がうまく再生でき

無い問題を半分寝ながらネットサーフで探してた。



発売から1ヶ月、ようやく増えだしたレビューを見ていると、1件だけHDDに保存した

MP4とDVIのファイルを再生すると音の遅延が発生するという書き込みを見つけ出した。

うちだけじゃないようだ。




やっぱりおかしいのか?




まあ、しかし、Power DVD はブルーレイ/DVDの再生ソフトなので、その用途以外に

使う人がそれほど多くないので、気が付かれないのではなかろうか?


それよりも肝心のブルーレイ/DVDの再生が出来ないという書き込みが見受けられ、

それじゃ!なんのためのソフトなのか?!

という疑問が沸いてくる。



うちの環境では毎週2本の違うブルーレイとDVDを再生しているが、大昔の物から

最新の物まで再生できない時は一度も無かった。


それはそれでラッキーなのかもしれない。



先ほど、眠い目を擦りながら、コーデック関係を一旦綺麗にアンインストールしてから

POWER DVD 12 ultra をクリーンインストールしたが、残念ながら無駄に終わったようだ。

H.264で発生している症状は全く変わらなかった。



やっぱりアップデート待ちになりそうだ・・・・・。
[PR]
by yamazakura12 | 2012-04-24 22:48 | パソコン | Trackback | Comments(0)

Power DVD 12 ultra H.264デコーダの不思議

4/5の記事で書いた通り、Power DVD 12 UltraでにH.264の動画の再生において特定の

条件で作成された動画のみカクカクになる事を突き止めたので、動画作成の際、注意し

てエンコードするようにした。


しかしながら、またもH.264動画で異常が見られる。

しかもHandbrake,DVD Fab,XMedia Recodeの3つで作成したH.264動画いづれも同じ症状

になるのだ。



スムーズに視聴できるようになったH.264動画を綺麗な画面でずっと見ていた時、それは

起こった。


再生時間が30分を過ぎようという時に音が遅れてくるのだ。

H.264動画で選べる3つのモード、ハードウェア支援モード,他のソフトウェアおよび

True Teaterモードのいずれを選んでもこの症状が発生する。



どうやら、デコーダに不具合があるのではないだろうか?

当然ながら、自分の環境で確認されているだけで、他の環境では起きないのかもしれない

ので、はっきりデコーダに不具合があるとは言えない。

ただ、違うエンコードソフトを3つも試してすべて駄目ということになると・・・・

あとはお察しいただきたい。


既知の不具合の可能性を考えて、ダウンロード購入した翌日にダウンロードページに

アップされた「H.264の一部の不具合を改善」と説明があるパッチを当ててみたが、

症状は変わらなかった。

ビルドが変わっていなかったので、ダウンロード購入時に既に最新であったものと思われる。



いずれにせよ、現状ではPower DVDの内臓H.264デコーダではうちの環境で使えないので

残ながら、別のソフトで視聴する事にした。

対応待ちという事になりそうだ。


ついでにカクカク問題も一緒に直ってくれれば良いと、明るい未来に希望を託しておく。
[PR]
by yamazakura12 | 2012-04-09 12:00 | パソコン | Trackback | Comments(0)

Power DVD 12 Ultra H.264のカクカク問題を解決

ここ数日、新しく導入したPower DVD 12 UltraでH.264コーデックでエンコードした動画が

カクカクしてしまう問題につきっきりだった。

このカクカクとはCPUパワーが足りないとか、ハードウェアアクセレータを使用していない

ため等で起こるものではなく、マシンスペックは足りているはずなのに起こる現象で、非常

に微妙に発生するのである。

この微妙とは、

普通に動きの早いシーンでは問題無く視聴できているのに、カメラがゆっくりターンする

シーンや映画のエンドロールで文字がゆっくり流れるシーン等で微妙に引っかかる感じに

なる。

気にしない人は気にしないかもしれない。

自分もその事に気が付くまでは普通に視聴していた。

この現象はPower DVDのみ発生しており、ウインドウズメディアプレイヤーやMedia Player

Claasicでは全く発生しないのである。



原因の切り分けを行った。

まずウインドウズメディアプレイヤーとMedia Player Classicで普通に視聴できるという事は

マシンスペックが足りないために起きているとは考えにくい。

調べてみるとウインドウズメディアプレイヤーとMedia Player Classicは外部デコーダを使う

らしい。

そうなるとPower DVDのH.264内部デコーダで再生して時のみ起こる現象と考えられる。




動画ソースは手元にH.264でエンコードした物は2種類あり、どちらも有名なフリーソフトの

HandbrakeとDVD Fabであるのだが、HandbrakeでエンコードしたH.264動画にのみこの現象

が発生するのだ。

この2種類の動画の違いは様々あるけども、Handbrakeでエンコードした動画のMedia infoを

確認するとFormat ProfileがHigh ProfileのLEVEL3.0になっている。

動画には詳しくないが、なんとなくHigh Profileを選んだらLevelは4.1以上が妥当じゃないか

なんて素人考えで、HandbrakeはLevelの指定ができないからMain Profileが選らばらるプリ

セットを使用してみたら、見事にカクカクが無くなった。



どうやらこれが当たりだろうと、再現実験をしてみることにした。

またまた有名なエンコードフリーソフトのXMedia Recodeを使ってHigh ProfileのLevel3.0の

組み合わせてエンコードしてみたら、ビンゴ!しっかり再現して、カクカクする動画が作ら

れた。


どうやらうちの環境ではFormat ProfileをHigh ProfileのLEVEL3.0にするとPower DVDでスム

ーズに視聴できないらしい。


さて、原因がなんとなくつかめたので今後のエンコードは問題ない。

元々High profileはHD画質用のようなのでSD画質しか扱わない自分は

Main profileのLevel4.2Level3.0※に固定してみる事にする。

※モバイル機器との連携を考えるとLevelが高いと再生できない場合があるようなのでLevel3にする事にした。2012/04/07 修正

それよりものHigh ProfileのLEVEL3.0という魔の組み合わせで作ってしまった

34個の問題児ファイルをどうしたものか・・・・・
[PR]
by yamazakura12 | 2012-04-05 20:10 | パソコン | Trackback | Comments(0)

Power DVD 12 Ultra 購入

2/22の記事で書いた通り、PowerDVDの導入の検討のため、PowerDVD 12の体験版を検証

していた。


今日は長ったらしい説明は後にして結論を最初に書こう。



①映像面ではTrue Theater機能による映像補正効果が素晴らしい出来で綺麗になる。

②音響面ではマルチチャンネルの制限解除により、より臨場感が得られる。

③DLNA対応によってレグザで録画した地デジをパソコンで視聴可能になる。



以上の理由からPower DVD 12 Ultraの導入は非常に価値のあるものと判断し、ダウンロード

版にて購入した。オマケソフト2つついて10500円だった。

                                  






ここからは長ったらしい説明になるので、興味の無い方はスルーでお願いしたい。

まずは映像面から、前回のレビューではPower DVD8とPower DVD12の差が発見できな

かった。


これは両者とも売りであるTrue Theater機能をOFFにした状態で比較したためだったのだ。

ダウンロード版をいろいろいじってみなければ気がつかないままであったに違いない。

このTrue Theater機能だが、自分の目にはONにした直後は補正がききすぎてザラついたよう

に見えたのだが、画面に近づきすぎだった。

普通に50cmくらい離れて見てみると、その映像の綺麗度に驚いたのだ。

実際のサンプルをご覧いただくのがてっとり早いだろう。

まずは人物の画面から、紹介サンプルは中央で別れていて左がTrue Theater OFF 右がON。

a0093897_21115438.jpg


肌色に生気が宿る感じとでも表現されようか、全く印象が変わるから驚きだ。

髪の毛に光が当たる感じが実に生き生きして見える。

画像は拡大しているので、ノイズが気になる方もいると思うが、実画面はそんなにノイズ

は気にならない。

次にアニメのサンプルを紹介しよう。

a0093897_21175056.jpg


ベタ塗り部分のノイズが多少気になるが、全体的にコントラストが高められて生き生きと

した画面になる感じだ。

こちらは同じくアニメ映像の拡大だが、拡大すると、ノイズは増えている。

a0093897_2120568.jpg


しかし、普通に見る分にはTrue Teater ONの方が不思議と綺麗に見えるのだ。

こちらは、細かい建物の輪郭がうまく補正された例だ。

a0093897_2122211.jpg


ぼやっとした映像がはっきりして見えるようになる。

恐るべし!True Theater機能!


次に音響面だが、前回も書いたとおり、1ヶ月の間、実に臨場感に溢れた映画鑑賞が出来た。

もう2チャンネルに戻るなんて考えられない。

さらにPower DVD 12 Ultraでは将来的に出てくる7.1チャンネルのドルビーサラウンドに

対応しているのが嬉しいところ。

今は4チャンネルだが、2チャンネルと4チャンネルでは全く印象が変わる。

最近の映画はよく音響効果まで考えて作られているのがよくわかった。

尚、2チャンネルスピーカー環境でもマルチチャンネルのような臨場感を得られる

True Theater Sorraundも搭載されているが、こちらのテストはまだ行っていない。


最後にDLNA対応について、少し書いておこう。

DLNAにパソコンを対応させるためには専用のソフトが必要であり、レグザが有名な

フリーのDLNA対応ソフトを認識しないことから困っていた。

せっかくレグザがDLNAに対応しているのにもったいなかったのだ。

そこで、Power DVD 12 Ultraの登場だ。このソフトをインストールすれば、悩みは一気に

解決!

レグザからDCTP-IP対応LANハードディスクにダビングした地デジ動画をいつでも好きなとき

にパソコンで視聴できるのだ。さらにパソコンにある動画がレグザで見たくなったらパソコン

側からリモートでレグザで再生なんて事もできる。

デジタルライフを楽しみたいなら必須の環境がついに整った!
[PR]
by yamazakura12 | 2012-03-29 21:43 | パソコン | Trackback | Comments(0)

POWER DVD 11 ultra の検討

マビノギ英雄伝の記事を期待して訪問された方には申し訳ないが、現在、メンバーの一人が

負傷によりマビノギ英雄伝が出来ない状況であり、平原の入り口以降進んでいない。

来週には復帰するので、懲りずにまた訪れて欲しい。


さて、1年前にパソコンを新規で組んだ際、どうしてもブルーレイが欲しくて再生専用の

ディスクドライブを買った。

再生ソフトはバンドルで付いてきたPower DVD 9 BDエディションを使用しているのだが、

サイバーリンク社も利益優先な世の中の流れに沿ってきたか、バンドル版では制限が多く、

どうにもブルーレイの良さが出せてない気がする。

ディスクをいれると~には対応してません。アップグレードしてくださいと頻繁にメッセージ

が出るのだ。

昔はバンドルソフトだけで十分にDVDを堪能できたのに世知辛い世の中だ。



さて、製品版を手に入れようと調べてみると、Power DVD 11 ultra(最上級バージョン)が

8907円で手に入れられそうで、ぎりぎり予算の範囲だ。

しかしながら、買ってしまってから結局あまり変わらないのでは頭を抱えて人生を呪ってしま

いそうなので、事前に情報入手の日々。

最も手っ取り早いのは体験版をダウンロードして使ってみることだ。

今ダウンロードできるPower DVD 12 の体験版を入試してPower DVD 9との比較をしてみた。


忘れてしまうと折角の苦労が水の泡になるので、ハードディスクがお亡くなりになっても

どっかの誰かがちゃんと見守ってくれるブログに記載しておくことにしよう。



映像面の違いについて

まずはH.264でエンコードした動画の再生だが、画質は普段使ってるMedia Player Classicと

ffdshowの組み合わせと全く変わらなかった。DVD並みの画質を綺麗に再生できると謳い文句

にあったので期待していたのだが、結果は変わらなかった。それどころか、ゆっくりカメラが

移動して風景などを写したシーンでは画面がカクカクしてしまう。これではH.264での出番は

ないだろう。

しかしながらサムネイル表示機能は優れている。ウインドウズサイズに合わせて適切なサイズ

に実に美しく並べられ直感的に目的の動画を探せる。カクつきさえなければ常用したい美しさ

だ。


次にDVDの画質を比較してみたがこちらも全く変わらなかった。フルサイズで表示すると

ブロックノイズもそれなりに発生するが、全く違いを発見できなかった。問題は再生ボタンを

押してから再生されるまでの時間で12では結構待たされる。どうやらレジューム機能を働かせ

る際にチャプターサムネルまで綺麗に映し出してくるのでこれらの作成に時間が掛かるのだろ

う。もっさり感がいがめない。これでさくっと動いてくれれば実に先進的な感じがするのだが

・・・・・。製品版ではサクッと動くのだろうか?


最後にブルーレイを観てみた。どちらも綺麗で差が分からない。

まあ、ブルーレイに関しては差はあまりでないだろう。DVDと同じく、こちらも再生が開始

されるまでに随分時間が掛かる。多機能なのはわかるのだが、動作が遅くなるのはどうなの

だろうか?我慢できるだろうか?




音声について

音声についてはバンドル版が制限付きなので、はっきり差が出る。

ドルビーサラウンドや5.1hチャンネルDTSのディスクを再生すると9ではリアスピーカーの

全く信号がいかないのだ。12で同じ映画を再生すると臨場感がまるで別物。

作者の意図が正確に伝わると、こうまで印象が変わるかと思えるくらいである。

パソコン環境なので5.1チャンネルとはまではいかないが、リアにコンポを繋げて4チャンネ

ルにしているのだが、リアだけ聞いてみると実に細かい演出が始めて体験できた。







さて、映像と音声についてだけにしぼり確認してみた。音声環境は明らかに改善する事が

はっきりした。体験版の使用期限が後29日残っているので、それまでに導入するか否か

決めたいと思う。
[PR]
by yamazakura12 | 2012-02-22 23:54 | パソコン | Trackback(1) | Comments(0)


クールに格好良くきめたいのに、やる事なすことお粗末すぎる男の日常を垣間見るブログです


by yamazakura12

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カウンター

ブログパーツ

タグ

(449)
(80)
(35)
(26)
(22)
(20)
(17)
(17)
(16)
(15)

外部リンク

カテゴリ

全体
自作PC
ジャンク/修理
TV録画パソコン
auひかり
Windows関連
ゲーム
パソコン
料理
旅行
ハムスター
グルメ
ガンダムオンライン
PSO2
マビノギ英雄伝
マビノギ
自作PC パーツ構成
その他

スマートフォン
買い物
音楽
山勘物語

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2016-07-30 18:50
第800話 今度のジャンクマ..
at 2016-07-26 23:04
ギルド活動停止
at 2016-07-25 20:34
第798話 安物買いの銭失い..
at 2016-07-24 15:47
第797話 ジャンクとは動か..
at 2016-07-23 10:49

記事ランキング

その他のジャンル