タグ:SSD ( 5 ) タグの人気記事

低価格SSD SME35 Xvalueのベンチマーク

皆さん、こんばんは。
ここのところどうも体調がすぐれません。
夏バテ気味なのか、頭がのぼせたようにぼーっとするし、だるいし、絶えず眠し。
食事だけはしっかりとってるんですけどねー。

さて、SSD。
この間買ったKINGMAXのSME35 Xvalueの性能とやらを確認してみます。
最初に断っておきますが、当方の環境がSATA2までしか無く、上限に達してしまうためSSDの能力をちゃんと計れたわけではありません。
また、体感上で効果が出たのならば、数値だけの比較はあまり意味が無いという考えのため、最適な環境とかの配慮が欠けております。
それでもベンチマークをとるのは、初期不良品で無いか念のために見ておくためでありんす。

まずは変更前のHDDのベンチマーク結果からです。
Segateの500Gバイトの結果はいかに!?




















a0093897_18590842.jpg
定番ソフトのクリスタルディスクマークの結果です。
自分の持ってるHDDの中ではずば抜けて速いです。
それでもやっぱりHDDの弱点である4kと4kQD32が低いですね。
さて、次はいよいよ今回のSSDの結果です。
仕様上では  

連続読み込み速度  540MB/s
連続書き込み速度  150MB/s

となっており、書き込みが遅いSSDと予想をしております。
結果は!?




























a0093897_19030927.jpg
このようになりました。
シーケンシャルリードはSATA2の限界に達してしまったため、SATA3では恐らく400MB/sくらいは出ると思われます。
シーケンシャルライトの140MB/sは仕様通りといったところでしょうか。
やはりこのSSDは書き込みがウイークポイントのようです。
HDDに比べて4kとくに4KQD32の結果がもう”バカにゃないの!?”っていう程上がっております。
これが小さい容量のランダムアクセスが向上するのでアプリ起動が早くなるとかゲームがぬるぬるになる由縁ですね。




以上          









以上!?
なんだよアッサリ桜!もう終わりかよ!?

良い意味で期待の声がする気がしますので、もう少し検証してみましょう。
自分の持ってるもう1台のSSDと比較してみます。
もう1台のSDDとは当時の王者Intelの王道であった
Intel SSD 330 SSDSC2CT120A3K5です。
当時120GのSSDは高かったイメージですが、今はパーツが値上がりしているので2年も経ってるのに相変わらず高いままですね。
この2年前のスタンダードSSDのベンチ結果は以下の通りです。
a0093897_19143229.jpg
実は今回買ったSME35の方が若干優勢なのですよ。
低価格SSDとはいえ、2年前の水準は超えてきてるみたいです。


クリスタルディスクマークでは微妙な差しか分からなかったのでAS SSD Benchmarkでも比較してみました。



SME35 Xvalue↓
a0093897_19173697.png

Intel SSD 330↓
a0093897_19183015.png
結構な差がついております。
もちろん、冒頭に断った通り、SATA3環境で比較しないとベンチマークにならないので正確な結果ではありませんが、SME35 Xvalueの方が高速とは言えるでしょう。




結論

低価格SSDでも読み込みはそれなりに早いようだ?(SATA3の結果が分かればな・・
書き込みは遅い。
2年前よりは向上している。








ここからはSSD購入を考え始めちゃった人へのアドバイス。

・値段と性能は比例するよ(当たり前
・いまどきは120G/128Gは低容量だよ
・高速なの欲しかったら大容量だよ
・120G/128Gは安めだけど製品によって速度の仕様がエラい違うから気をつけてね。
・SME35買うなら店頭のほうが安いみたいよ
・人気の840 EVOは結構速いみたいよ



KINGMAX SSD SATAIII 120GB KMSME35-120G


KINGMAX
売り上げランキング: 94,415
Crucial MX100 2.5インチ内蔵型SSD 128GB SATAIII CT128MX100SSD1
Crucial Technology (2014-06-05)
売り上げランキング: 1,856




皆さんの応援によってモチベーションを保っております。
↓ポチして応援いただければ幸いです↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ
[PR]
by yamazakura12 | 2014-08-11 20:04 | 自作PC | Trackback | Comments(5)

Windows8.1にSSDを導入して古いパソコンを高速化!

皆さん、こんばんは。
神様がくれたSSDを開封して設置していきますよ。
a0093897_20511789.jpg
裏面の販売元を見るとなにやら見慣れない会社が
a0093897_18543367.jpg
研究所が売ってるなんて、レアなSSDですね。
買うときには分からなかったのですが、このSSD KINGMAX SME35 Xvalueは低価格が売りのSSDでした。
どうも販売チャンネルがお店を対象としているようで、通販ではあまり見かけないし、Amazonでも高いですね。
これを買うなら店頭ですね。
低価格に抑えているので性能はそれなりだと思います。
でもHDDから換えたらそれは素晴らしい世界が待っていると僕は信じています。
なにせ神様がくれたSSDなんですから▼o ̄ー ̄o▼
では、開封してみましょう。
ビニールを剥がして中身を取り出してみます。
a0093897_19012445.jpg
お!?低価格品なのでてっきり本体のみガランッと入っているものだと思いましたが?
3.5インチ用アダプター、電源変換ケーブル、SATAケーブル、取り付けネジとフルセット入ってますよ!
いや~正直SATAケーブルが余ってないんで、どうしようかと思っていたところです。
アダプターに設置しまして
a0093897_19055093.jpg
ケースのストレージ用ユニットに取り付けです。
a0093897_19080267.jpg
どうやら方向を間違えたようで、4つ固定できず2つだけになってしまいましたがSSDなら振動もしないし大丈夫でしょう(適当
OSの入っていたHDDをまっさらにして、OSをSSDにインストールします。
Windows8ですね。
僕のはダウンロード版が大安売りしていた時に買ったので3600円のWindows8です。
ISOイメージをDVDに焼いたから、ホラ、こんなチープなラベルなんです(笑い
a0093897_19105238.jpg
中身は変わらないからいいのです!(といつも自分に言い聞かせてます)
SSDがちゃんと認識されたかBIOSで確認します。
a0093897_19121900.jpg
う~ん。
古いマザーボードなのでハードディスクとしか認識されず確認のしようが・・
ま!大丈夫でしょう!(適当2回目
a0093897_19141900.jpg
Windows8のインストールです。
8で認証通した後に

Windows8 → Windows8.1 → UPDATE1

という流れでアップデートを行います。
それなりに時間がかかりますね。
a0093897_19160381.jpg
Window8.1にしてしまうとエクスペリエンスインデックスが実行できなくなるので、Windows8の状態でエクインをとってみました。
a0093897_19175585.jpg
おおお!5.9→7.8まで向上しましたよ!!
問題なく速度が出ているようですね。
ただ、マザーボードが古いのでSATA2の制限がかかっちゃうのですよね。
SATA3に繋げば8.0を超えると思うのですが。
Windows8では何もしなくてもSSDと認識してくれて、Trimなどの特殊コマンドを実行してくれるそうです。
試しにデフラグ画面で確認すると、ちゃんと
a0093897_19215213.jpg
ソリッドステートドライブになってました。
Windows8はSSDと親和性がいいのですね。
容量が120Gしかないですからね、ユーザーデータ等はすべてハードディスクのほうに移してしまいます。
ライブラリに登録されている”ドキュメント”や”ピクチャ”等のホルダーもHDDへ移動可能ですよ。
詳しくは書きませんが検索すれば直ぐに見つかるかと。
a0093897_19252143.jpg
Winows8でドライバ類などの設定すべて完了させてからWindows8.1へ移行です。
a0093897_19265308.jpg
この作業も時間かかりますね、たった3G程度のデータダウンロードに3時間かかりました。
UPDATE1はどうやら同時に更新してたらしく、適用済みでWindows8.1への移行が終わりました。

全て終わって、改めて操作してみます。
まずは起動!
その速さたるや!
SSDを冠したwindows7の1号機をごぼう抜きで抜き去りました。
気がつくと立ち上がってます(笑
シャットダウンも早いです。
アプリの起動・終了も早くてパッパッ!
SSDを得て僕の5号機は超快適マシンになりました。
実はゲームにもいいんですよ。
というのもオンラインゲームは小さいランダムデータ読み込みが頻繁に行われるらしく、SSDが向いてるらしいです。
アーキエイジを遊んでみたら、確かにスムーズです。
もうCore i5な1号機と同等かそれ以上なくらいゆるゆるになりました。

と文字で書いてもわかんないですよね。
そこで


動画撮りました( ̄^ ̄) ドヤッ!



相変わらずアップしたら速攻でバット評価もらうような出来なので、”しょうもない動画”アレルギーの方は視聴をお控えください。



長くなりましたので、ベンチマークは次回書くことにします。
それでは皆さん

アディオス!

皆さんの応援によってモチベーションを保っております。
↓ポチして応援いただければ幸いです↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ
[PR]
by yamazakura12 | 2014-08-09 20:06 | 自作PC | Trackback | Comments(4)

大迷走! Intel SSD 330 SSDSC2CT120A3K5の結末

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

全国1000万人の自作PCファンの皆様こんにちは

このブログではレポート風に書くことに重きを置いているため、~です。や~ます。等の表現は極力使っておりません。

上から目線的な感じにとられる方もいると思いますが、「あ!レポート風なんだ!」という視点でご覧ください。



マザーボードP7P55d-eを買うとき、謡い文句の「SATA6Gb/s or USB3.0を使える!」に飛びついたのだが、蓋を開けてみればSATA 6Gb/sは使い物にならないのだろうか。

なんだか詐欺にあったような心境。

しかもせっかくIntelのチップセットなのにMarvellチップを使うせいでIRSTが使えないし、Intel SSDの特権とも言えるIntel SSD tool Boxの機能が少ししか使えない。

極めつけはP7P55d-eの最新Biosアップ(1601)で「IRSTに対応しました」なんて書いてある。

そんな事もあって、俺は速度が3Gb/sに落ちてしまうがチップセットのSATAポートに繋ぎかえる事にしたのだ。




そのまま繋ぎ変えただけでも使えたのだが、なんとなく気持ち悪いので、ファーマットしてOSを入れなおした。

必要なインストールを完了し、CrystalDiskmarkでベンチマークをとってみる。

CrystalDiskMarkのベンチだが、Intel SSD 330にはSandFoceのコントローラがついているのでFull0での結果が大事らしいのでFull0でとってみた。

結果は・・・・・・・・















a0093897_19111718.jpg


あらら、シークエンスのLeadとランダム512KのLeadだけは6Gb/sの結果に及ばないが、ほかのすべての項目が3Gb/sの方が良くなってしまった。

なんてこった!

エセ6Gb/sめ!!

起動時間は6Gb/sの時に比べてMarvellコントローラのブート時間がなくなるため5秒ほど早く立ち上がる。

アプリの起動も変化なし。

動画ファイルの再生や静止画の表示、そのほかいろいろ試したがさっきと全然かわらない。

HDDの時から比べたら雲泥の差だ。

すべての処理がおっそろしく早い。




あとはベンチ上の数値だけの話。

ほかの人の SSDSC2CT120A3K5のベンチ結果をみてため息が出る。

6Gb/Sが生かせるSSDであるのに俺の環境ではシークエンスで320Mしかでない。

なんだか悔しくて。悔しくて。



せっかく整えた3Gb/s環境をまたまた綺麗さっぱり捨て去り、またも6Gb/s環境にし、速度の向上を図る。





まさに大迷走だ・・・・・・。





そんな事をしたらSSDの寿命が?

いやいやそれは昔の話、今のSSDなら寿命なんか考えなくてOK牧場。

6Gb/s環境でFull0でベンチを取ってみる。

結果は・・・・



















a0093897_19222413.jpg


ご覧の通りだ。

いろいろ調べてわかったこと。

やっぱりMarvell SATA 6G コントローラはエセだった。

これ以上速度は望めないとの事。

2年前に最新技術だった6Gb/s。最初の対応SSDはMAX 360M程度だったそうなので、この速度で6Gb/sを謡っても問題なかったんだろう。

今じゃ、3Gb/sに毛が生えた程度。







さあ、どうする?

速度を優先して6Gb/sで使うか?

ユーティリティや安定性を優先して3Gb/sで使うか?




そこで、切って離せない問題が一つある。

6Gb/sモードにすると PCI express X16 が半分のPCI express X8になっちまう問題。

帯域が半分になったらそりゃゲームがゲームでなくなるんじゃね?

そう思って確認した。

PSO2のベンチマーク。

a0093897_19383023.jpg



結果は微妙な変化だけ。

それは考えなくても、現状そんなに帯域使ってないらしい。



あと一つ分からなかった事。

CrystalDiskMark のRandumとFull0の著しいベンチマークの違い。

やっと分かったので記載しておく。

まずIntel 330シリーズのコントローラに使用してるSandForceは圧縮転送形だという事に着目したい。

つまりはデータのやり取りを圧縮してから行う。

そのため、圧縮率の高いデータのやり取りの場合に最大の速度がでる

逆に高圧縮された動画や画像のデータやり取り時には速度が出ないのだ。

ほんとかどうか知らないが、CrystakDiskMarkのrundam測定時は効率が悪くFull0時に最も効率がいいらしい。

実際の速度はその中間だというのだ。

俺は開発者ではないので詳しく検証はできないので、鵜呑みにして中間のデータで考えることにした。

だったら決まってる。

オールランダーな3Gb/sの方を選べばいい。

重いデータのやり取り以外は3Gb/sでチップセットに接続した方が勝っているのだ。




ただ、windows エクスペリエンスのプライマリーハードディスクの結果が6Gb/s時7.9、3Gb/s時7.8であった事を書き示しておく。




実は3Gb/s環境で環境をすべて復旧させた今でもまだ迷っている。

6Gb/sの速度が出せるような有力情報が得られれば直ぐにでも6Gb/s環境に戻すだろう。
[PR]
by yamazakura12 | 2012-11-13 19:58 | 自作PC | Trackback | Comments(0)

大迷走!! Intel 330 Series SSDSC2CT120A3K5 の導入

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

全国1000万人の自作PCファンの皆様こんにちは

このブログではレポート風に書くことに重きを置いているため、~です。や~ます。等の表現は極力使っておりません。

上から目線的な感じにとられる方もいると思いますが、「あ!レポート風なんだ!」という視点でご覧ください。








注文からたった二日で届いたSSDSC2CT120A3K5。

まずは内容物のチェックから。

a0093897_2221106.jpg



・静電袋入りの本体

・3.5インチマウンタ

・4ピンペリフェラル→SATA電源 変換コード

・SATAケーブル

・マニュアル

・CD(中身はマニュアル:ツールへのリンク付き)

・なんだか分からないシール、SPEED DEMONと書いてある

俺はシールだったらX-ZONEのシールがほしい。

ぐるっぽになれば貰えるんだろうか?

でも、こんなショボいブログじゃな・・・。


3.5インチベイにどうやって取り付けたものか途方にくれていた俺にはありがたい内容物だ。

取り付けは簡単なので、さらっと書くことにする。

まずはマウンタに本体を固定する。

本体裏面の固定ねじX4で固定。

SSDの前後位置は調整可能。

取り付け考えたら、インターフェイスを一番後ろにしたほうが接続が楽だろう。

マウンタをPCに取り付けたら、あとは、SATA電源とSATAケーブルを繋ぐだけ。

俺の場合は電源のSATA電源が足りず、おまけの4ピンペリフェラル→SATA電源 変換コードがありがたかった。




マザーボードP7P55D-Eへのインストールは3種類のコントローラがある。

1)チップセットのSATAポート 3Gb/s

2)JMicronのSATAポート 3Gb/s

3)MarvellのSATAポート   6Gb/s


SSDSC2CT120A3K5は6Gb/s対応なので、当然Marvellに接続する。

P7P5DD-EはIOレベルアップを行うことでSATA3.0(6Gb/s)が使用可能になる。

この機能を有効にするには、BIOSで設定するか、マザーボード上のボタンを押す。

設定後に再起動をかけると、いったん勝手に電源が落ち、しばらくしてから起動しSATA3.0(6Gb/s)が有効になる。

IOレベルアップが正しく作動しているかブルーのLEDの点灯を確認して、CDブートでWindows7をインストールする。

Marvellコントローラを使うので、散々やってもうすっかり慣れっこのF6インストールになる。

Windows7の場合はF6を押すわけでなく、ドライバーの読み込みを押して、フロッピー、CD、USBメモリなどから読み込ませる。

a0093897_2244229.jpg



これならフロッピーを持たないPCでもドライバをインストールできる。

あとは普通にインストールするだけ。




必要なドライバやらソフトやらをインストールし、CrystalDiskmarkを入れ、ベンチマークをとってみる。

a0093897_22462548.jpg


こちらが交換前のHDD







a0093897_22463530.jpg


こちらがSSDの結果








シーケンスが400Mb/S~500Mb/Sぐらいは出るかと期待していたので、がっくりだ。

何か設定が悪いかと、BIOSのアップデートやら、Marvellドライバの更新やら、Intel SSD tool Boxの導入・設定やらやってみてこの結果。

a0093897_22492232.jpg



速度が一向に向上しない。

一体なにが悪いのか?

ただいま大迷走中・・・・・・・・





続きはまたこんど
[PR]
by yamazakura12 | 2012-11-12 22:51 | 自作PC | Trackback | Comments(0)

SSDSC2CT120A3K5

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

全国1000万人の自作PCファンの皆様こんにちは

このブログではレポート風に書くことに重きを置いているため、~です。や~ます。等の表現は極力使っておりません。

上から目線的な感じにとられる方もいると思いますが、「あ!レポート風なんだ!」という視点でご覧ください。




SSD・・・・・・・・・・












SSD・・・・・・・・・・

















ハードディスクに変わる爆速の記憶装置。

これがあれば、起動時、終了時、アプリの立ち上げ、データ保存時 どれをとっても次元が変わるという。

2年前にメイン機を組み立てたとき、当然、SSDの導入を検討したが、たった32GB程度の容量でハードディスクの4倍の値段もする状況に諦めたのであった。

時代は流れ、大容量のSDDがお手ごろの値段で買えるようになった。



だが、知って通り、自業自得な散財をやらかした俺にSSDを買えるはずもなく、タイトルのIntel製廉価版SSDをWEBショッピングをする家人を助けながら隣のパソコンで観ていたのであった。

a0093897_2310714.jpg





そのため息やめてよ!

そう言われて我に帰ると俺は家人のパン・菓子作りセット5432円の注文が間違っていないかチェックをした。



WEBショッピングのサポートも終わり、俺はすごすごと部屋に戻ろうとした。

まさにその時だった!!





欲しいなら買ってもいいよ。





ええ?いいの?





おそるおそる聞いてみる



いいっていってんじゃん!







やった!やったぞ!SSDが買える!

気が変わらないうちにと、ご用達のアマゾンに行きあっと間に注文処理を終えた。

そこまでやってもまだ、このサプライズにまるで夢でも見てるんじゃないかと腕をつねってみる。

アマゾンで7548円。

俺は今、うきうきしながら、ブログをを書いている。


さて、後はHDDに入っている300Gバイトほどのデータをどうやって移すか楽しみながら考える事にしよう。
[PR]
by yamazakura12 | 2012-11-05 23:19 | 自作PC | Trackback | Comments(0)


クールに格好良くきめたいのに、やる事なすことお粗末すぎる男の日常を垣間見るブログです


by yamazakura12

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カウンター

ブログパーツ

タグ

(449)
(80)
(35)
(26)
(22)
(20)
(17)
(17)
(16)
(15)

外部リンク

カテゴリ

全体
自作PC
ジャンク/修理
TV録画パソコン
auひかり
Windows関連
ゲーム
パソコン
料理
旅行
ハムスター
グルメ
ガンダムオンライン
PSO2
マビノギ英雄伝
マビノギ
自作PC パーツ構成
その他

スマートフォン
買い物
音楽
山勘物語

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2016-07-30 18:50
第800話 今度のジャンクマ..
at 2016-07-26 23:04
ギルド活動停止
at 2016-07-25 20:34
第798話 安物買いの銭失い..
at 2016-07-24 15:47
第797話 ジャンクとは動か..
at 2016-07-23 10:49

記事ランキング

その他のジャンル