タグ:オーバークロック ( 5 ) タグの人気記事

娘機 Coe 2 Duo E6600のオーバークロック

皆さん、こんばんは。
早くもGWも5日目。
今日は少し遠くまで行ってきました。
その様子はまた今度書くとして
今日は先日行ったオーバークロックの記録となります。

少し思い出してみます。
なぜ、娘機のCPUをオーバークロックするようになったのか?
処理能力不足を感じたら、僕の場合はCPUそのものを交換してしまう事にしています。
どうせ何年の前の世代のCPUだし
高性能品を買ったって、ジャンクや中古なら、たかが知れている値段ですから。
しかし娘機のWindows8.1がこれ以上のCPU交換を
「違うパソコンにインストールしている」とあらぬ疑いをかけて認めてくれないため
普段はやらないCPUのオーバークロックをする事にしました。
通常オーバークロックは
徐々にCPU倍率かCPUベース周波数を上げていき、どこまで耐えらるか試すものです。
OC好きの方はこの過程がたまらなく好きなんですよね。
でも僕はあまりこの過程に楽しみを感じないかわいそうな人なのでw
なぜかって動かなくなった時に、この世の終わりほど焦るためです。
もうすっかりOCについては情報が出尽くしているCore 2 Duo E6600ですから
いきなり狙い撃ちでいきます。

CPU Host Frequency 200 → 333Mhz
メモリクロック 800Mhz → 800MNhz
PCIEクロック AUTO設定

それしかいじりません。
なんだよ~~
という声が日本中から聞こえるような気がしますが
華麗にスルーしまして
さっさとBIOSを設定しました。
a0093897_21151239.jpg
a0093897_21153766.jpg
これでCPU周波数は333×9で3Ghzとなります。
2.4Ghz → 3Ghzなので125%となります。
a0093897_21185457.jpg
これで動けば常用します。
もうめんどうなので、確認しません。
設定したきりほったらかしです。



で、



無事起動!!!
a0093897_21202098.jpg
Windowsも問題なく起動しました!
心配していたWindows8.1のハードウェアチェックも無事に通っております。
a0093897_21204139.jpg
CPU-Zで確認すると
無事に3GhZで稼働しておりました。
a0093897_21224549.jpg
ちなみにOC前はこちら
a0093897_21230303.jpg
メモリも400Mhzで稼働しており、何の問題もありません。
a0093897_21234856.jpg
あとは能力アップがどのくらいかですね。
エクスペリエンスインデックスで比較してみましょう。
OC前がこちら
a0093897_21244148.jpg
CPU、メモリとも5.8と残念な結果でした。

ではOC後を見てみましょう。
a0093897_21253847.jpg
CPU、メモリともに6.3まで上昇。
これだけ上がれば起動がはやくなったような
がします。
正確に起動時間を計って比較はしなかったのですが
OC後の起動時間は25秒なので
今まで娘が「遅い!遅い!」とイライラしていた声が聞こえなくなっております。
もちろん起動の最適化はOCだけじゃないんですけどね。
いろいろやって文句が出ないほどになっとおりますので
まあ、いいかと。
あとはPSO2の処理落ちが気に入らないと不満が出ておりましたので
PSOベンチマークで確認です。

グラボがHD5770なので、この前のGTX460の圧倒的な結果に比べれば
こんなもんなん?
って感じですね。
a0093897_21305495.jpg
まあ、CPU125%なので順当にスコアがアップして
この結果
a0093897_21313558.jpg
その間、CPU温度を監視してみると・・・
a0093897_21320811.jpg
う~ん
このスペックアップでこんなに温度上がっちゃうのか・・・
もちろんクーラーがリテールなので、ちゃんと冷えるものを使えば下げられるとか
ありますけど

ま~、娘がこれでいいっていうんで、このまま使ってみます。
CPUで言えばCore 2 Duo E8500クラスまで上がっていますしね。


今回は成功??
という内容でしたが
その後、なんのトラブルも起こらない事をもって良しとします。

ではでは

ノシ


いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ

[PR]
by yamazakura12 | 2016-05-03 21:40 | 自作PC | Trackback | Comments(8)

新企画 禁断のオーバークロックを行うことになった理由!?

皆さん、こんばんは。

僕はビビリだからオーバークロックが出来ない体質なんです
そんな僕が一体なぜオーバークロックを!?
男にはやらなくれはならない時があります
娘機のWindows8.1がCPU変更を許してくれず
CPU交換によるスペックアップを許してくれないんです
まるで
娘さんをください!
とお願いにいったのに
頑固なお父さんが結婚をる許してくれないように
Windows様がずっとハードウェア情報を監視していて
交換させてくれないんです!
ちょっとくらいいじゃないですか
それでも違うPCになったと疑うんですか!?
a0093897_21455117.jpg
本当は
Windows10の無料アップデートでこの悩みが解決するはずだったんですよ
ところが!!
ウチのWindowsが企業向けのエンタープライズだから!!
無料アップデートの対象外だから!!
その事を知ったとき
毎晩一人で泣いていたのです
でもまだあきらめない!!
絶対にスペックアップしてやる!!
このさっぱりなエクスペリエンスインデックスを向上させてやる!
a0093897_21484062.jpg
怖くてしょうがないけど
CPUを変えずにオーバークロックで上位のCPUと同じ性能を
手にれてやるんだ!!

挑戦せよ!!
そこに可能性があるのなら!!


いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
↓皆様方に支えられて今日も記事を書いています↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ
[PR]
by yamazakura12 | 2016-04-28 21:41 | 自作PC | Trackback | Comments(10)

ADATAのOCメモリ/ Sempron 3850のオーバックロックに挑戦

皆さん、こんばんは。
極寒の時期も過ぎ去り、温かい日々がようやく続いております。
もう3月なのですね。
あまりに早い時の流れにおいてけぼりな山桜です。
いかがお過ごしでしょうか?

さて、OCメモリをいよいよオーバークロックで稼働してみます。
今までオーバークロックとは縁が遠い自作人生でした。
なぜにかと申しますと、やはり壊れるのが怖いからです。
オーバークロックはデバイス本来の耐性以上の使い方になり、メーカー側が想定していない領域での使用になります。
壊れる危険性が増すばかりか保障が受けられなくなりますので、十分に危険性を理解した上で自己責任で行ってください。

オーバークロックといえば、バリバリの高性能マシンで誰も行き着いた事のない領域を目指して行うイメージです。
でも今回オーバークロックを行うマシンは真逆の低性能・低発熱・低電力モデルであります。
事前に調べたらSempron 3850でオーバークロックをしている記事は皆無であったのです。
ま、静かで電力を喰わない、ネット使用が中心のマシンにオーバークロックしても仕方がないですからね。
本来このマシン用に用意すべきメモリは定格1600MhzのDDR3メモリなのでしょうね。
でもね。
それではつまらなすぎる。
この組み合わせなら絶対に安定動作する。
そんな組み合わせばかり探っていると、たまに冒険したくなります。
世の中がSempron 3850をオーバークロックしなくても、僕はやりたいんです。
a0093897_22021534.jpg
もちろん、いいタイミングでOCメモリが手に入った事も大きいですけどねw
今回オーバークロックするマシンの構成は以下です

APU:Sempron 3850
マザーボード:ASUS AM1I-A
メモリ:ADATA XPG V1.0 AX3U2133XW4G10 4G×1
SSD:INTEL SSD 330 SSDSC2CT120A3K5 120Gバイト
HDD:Segate ST31000528AS 1Tバイト
ケース:Thermaltake Core V1 CA-1B8-00S1WN-00
(静音化のためケースファンを600rpmまでダウン)


困ったことにこのマザーボードで設定できるメモリスピードは1600Mhz止まりで、これ以上に設定する方法が分かりません。
悩むより行動してみようと思いAPU周波数を上げてみました。
するとうまい事にメモリ周波数も上がっていくではありませんか。
そんなのOCの常識なんでしょうが、僕はまったくのトーシローなので、あらゆる事が新鮮で楽しいです。
OCメモリは2133Mhzまでいける仕様なので、APU周波数を100→133にしてみました。
a0093897_22115265.jpg
2128Mhzまで上げる事ができました。
SPD情報によると2133Mhz動作時のメモリ電圧は1.65Vなので設定してみます。
a0093897_22132527.jpg
設定値がピンクになって僕の恐怖心を煽ります
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
再起動をかけ、ASUSのロゴが出たのを見て少しほっとしました。
うまいこと起動が成功しました。
メモリクロックは1064Mhzまで上がっています。
a0093897_22171189.jpg
この時のCPUクロックは1728.7Mhzまで上昇。
3割アップなのでいつクラッシュするかハラハラです。
a0093897_22175500.jpg
で、
これですわ
a0093897_22155102.jpg
やっぱりだめか。
ここまでで気になっていた事があります。
安定動作を探っている時からそうなのですが、メモリ電圧を1.65Vに設定すると必ずブルースクリーンが出るのです。
今回はオーバークロックしているので当然ながら電圧を盛っているのですが、1.5Vで試してみたくなりました。
トーシローならではのバカな考えなのかもしれません。
ところが1.5Vに設定したら急に落ちなくなったんですΣ(゚д゚;) ヌオォ!?
負荷をかけたらどうかと思い、一晩中テレビを付けて放置してみたんです。
朝起きたらちゃんとテレビが映ってました。
あれれ?
なんだかさっぱりわからないけどOC状態で随分と安定しております。
1.5Vでなぜ2133Mhzで稼働できるのか???
心配なのはCPUにも無理をかけてますから熱の発生です。
CPU温度とマザボ温度が負荷かけたらとんでもない事になるような気がします。
そこで、負荷掛けるにはちょうどいいかなとPSO2ベンチVer2を走られてみました。
結果、OCあり/なしでスコアもえらい差がつきました。
完走できたので、直後のCPU温度/マザボ温度を測りました。
a0093897_22300811.jpg
↑定格動作ベンチ後


a0093897_22304801.jpg
↑OC動作ベンチ後

ね。
変わんないんですよw
フル稼働で50℃なら大丈夫かと思います。
OCかけるとどんだけシステムに差が出るのかとおもいCrystalMark2004R3でベンチとってみました。

a0093897_22335902.jpg
↑定格動作

a0093897_22341652.jpg
↑OC動作

結構な差が出ています。
今の状態では1クラス上の性能が手に入るうえに温度的なデメリットは全くなしというウハウハ状態。
このまま使ってみようかと思います。

しかしながら、当然これで壊れたら保障なしなので、ハイリスクに違いはないですけどね。

やっぱり数か月後に”ぶっ壊れた!”という記事を書くんでしょうかね。

何事も無い事を祈りつつ終わります。
ノシ


※2015年3月6日 追記
問題無く使えてるかと思いきや、ハイバネート状態に移行できずにシャットダウンしていまうという録画パソコンでは致命的な不具合が出てしまいました。
今はAPU周波数を100 メモリ周波数を1600で運用しています。
惜しいですね。
録画パソコンでなければOC状態で使うのですけどね。


AMD Sempron 3850 Kabini コア SD3850JAHMBOX
AMD (2014-04-10)
売り上げランキング: 10,235
ASUSTeK AMD AM1チップセット搭載マザーボード AM1I-A 【Mini-ITX】
Asustek (2014-04-09)
売り上げランキング: 11,674
皆さんの応援によってモチベーションを保っております。
↓ポチして応援いただければ幸いです↓
にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村

自作PC ブログランキングへ

[PR]
by yamazakura12 | 2015-03-04 22:48 | ジャンク/修理 | Trackback | Comments(2)

2号機 謎のもっさりを直す そして オォゥゥバァアウゥクロッゥカゥ

2号機にAcrobat Rederを入れる必要があったのでインストールしたのですが、
それ以前の2号機の起動にやたら時間かかるし、ネットがもっさり重いし、ファイル開こうとしても・・。
どうにももっさりで困ったものです。
OSはWindows7 Home 32bit、CPUはデュアルセレロンE3300です。
このスペックならそれなりだと思うのですが。
これが普段1号機のSSDスピードに慣れたためによる体感スピードの違いか分からずにいました。


ところが、妻に聞いたら前よりもっさりしているというので修復することに。
起動に3分以上もかかる事を確認してから、自分の部屋へ2号機を持ち込みます。
なるべく同じ環境をと思い、モニタ意外は全て同じ環境にしました。
立ち上げてみるとやはり起動に3分くらいかかります。
ふとネットワークアダプタの通知をみてびっくりです。
接続されていません。
おかしいなと思い背面に差し込んである無線LANアダプタを見ると、あろうことか全く機能していません。
USBコネクタから抜いて隣のコネクタにつなげたら動きました。




まさか!?これが原因?



起動してみると今度は1分半ほどで立ち上がりました。
原因はUSBコネクタ不良だったようです。
徹底的に調べてやろうと思っていたので拍子抜けでした。



もっさり感は解消して、普通になりました。
これでめでたしめでたしなのですが。



ですが!!




どうにもならない場合のオーバークロックを調べておきましたので、折角だから試してみます。




マザーボードはASUSのP5KL-AM EPUという初心者向けの設定いらずのM-ATX規格のものです。
オーバークロック設定はほとんどありません。
細かな設定は皆無です。
調べた結果、メモリの周波数を落としてシステム20%までいけるようなので設定してみます。



メモリ周波数を667Mhzに設定し、Overclock20%を選択します。
a0093897_220369.jpg

これで起動できれば…o(;-_-;)oドキドキ



起動せずに画面が真っ暗になり、何をしても復帰できずCMOSクリアーをしなければならなくなり
そんな不安がよぎります。



…o(;-_-;)oドキドキ

























BIOSがきたーーーーーーーーーー!
























Windowsキターーーーーーーーー!



なんとも苦労もせずwindows起動です。
ネット情報は正しかったようです。
起動時間も1分ほどになり30秒も早くなっています。
a0093897_221421.jpg

CPU-Zで確認すると、FSB240Mhz,メモリクロックは960Mhzくらいでしょうか。
意外とメモリが耐えてます。
そうなると常用も夢ではない!?


ちょっと負荷をかけてみます。
負荷を加えるとき、いつもワンパターンで申し訳ないのですがまたまたPSO2ベンチです。
これだけ全パソコンにはいっているのでいつもこれになりますね。
a0093897_222307.jpg

2時間ほどデモを流してみました。
CPUは常にフル回転でしたが、全く挙動がおかしくならないので、しばらくこれで使ってみようと思います。

オーバークロックといえば限界まで挑戦!
とまでは今回もいかないビビリ桜でした。


にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
[PR]
by yamazakura12 | 2013-10-23 22:04 | 自作PC | Trackback | Comments(0)

初心者のオーバークロック 勇気と冷静さと、そして第六感

俺の自作歴は長い。

だが、何を隠そうオーバークロックに関してはズブの素人なのだ。

なぜか?

オーバークロックという自作人(じさくびと)にとっては魅力的な必須スキルを今まで身につけなかったその理由は、




俺が超ビビリだからだ!



胸を張って言えるような事じゃないが・・・・



ソフト上の事なら、たとえばフリーソフトをインストールしたらOSがおかしくなったとかなら、再インストール等でいくらでも修復が可能だが、ハード的に壊してしまった日にはもう捨てるしかないのである。


俺は壊してしまうかもしれない気持ちに捉えられ、今までこの貧乏パソコンライフを満喫できるかもしれないオーバークロックを封印してきたのだ。


だけど、正直に言うと、やっぱりオーバークロックの世界を垣間見てみたい。

1.86GHzのCPUが3Ghzを超えて稼動したら、凄い幸福感に包まれるだろうなと想像する。


必要性なんてない、今の能力で十分だ。

だが、やはりやってみたい。

そう思い続け、ついに手を出した!







オーバークロックとはそもそも何か?

調べたわけじゃないが、製造業に携わるものとしては想像がつく。

CPUなどを構成しているのは半導体。

同じように作られても材料の違い、製造工程における微妙な仕上がりの違いで、耐高クロック性や耐電圧に固体差が現われるはずだ。

その結果、同じCPUでも性能差が生まれる。

また、限界に近い使われ方をすると、あるものは持ち、あるものは壊れてしまう。

ある程度の設計マージンを持たなければ、返品で溢れ返ってしまう。

オーバークロックとはこの設計マージンの部分を限界まで使おうとする、それはそれは恐ろしい話だ。

うまい事”当たり”を引けば、随分と高性能に使えるだろうし、”ハズレ”を引けば壊れてしまうわけだ。

俺の持ってるCore 2 Duoシリーズはこの設計マージンの部分が広いらしい。

だからと言って俺のCPUだけは特別に耐性が低いかもしれない。

この間買ったP5K-Eは自動でオーバークロック設定ができる上に、細かなオーバークロック設定も可能だ。

耐性が低くても少しくらいはオーバークロックしても大丈夫じゃないかと思った。



さあ!やってみる!

まずはノーマルにしてあるBIOSのOC設定をN.O.S(ASUS独自の自動OCシステム)で少しずつ上げてみる。

a0093897_20335018.jpg



3%から初めて5%。

ここまではうまくいった。

ところが10%したらPCが立ち上がらない!!



あああああああああ!!!!!!


やばい!やばい!やばい!


慌てふためいていると自動で再起動して、BIOS設定に入った。


ふ~~~~~。今のは焦った。


この世の終わりかと思った。


どうやら5%までしかできないようだ。

設定項目は30%まであるのに、たったの5%。

5%にしてCPU-Zで確認するとCPUのクロックアップは極わずかだ。

CPUクロックは1.86Ghz → 1.96Ghz

a0093897_203916.jpg


エクスペリエンスインデックスを再実行してみたが、OC前とぜんぜん変わってない。

a0093897_20405461.jpg



 

OC耐性低すぎるわ!


とがっかりして、ちょっと調べてみる。

すると、もしかしたらだが、メモリが足をひっぱてるかもしれない事が分かった。

というのも、DDR2-800世代のメモリは耐性が低いらしいのだ、DDR2世代の限界なのか、マージンがきつめという書き込みを見つけた。

ならば、CPUだけOCしてみようか?


と思ったもののManualで設定するなんて、それこそ未知の世界。

設定項目がなんだか宇宙語も見ているみたいだ。

ほうぼう調べまくってなんとか、メモリとグラボは据え置きでCPUだけOCする設定をした。

a0093897_20483730.jpg


最初FSBを1ずつあげるなんてちまちまやってたが、だんだんめんどくさくなり、333Mhzまで一気に上げてみた。

CPUは2.3Ghzまで上昇している。

a0093897_20515892.jpg




これじゃ危険じゃないのかとハラハラしたが、ベンチマークをとってみても、負荷をかけてみても安定していて、落ちる気配がない。

CPUのマージンが広いのはどうやら本当らしい。

そうなるとさらに上をめざせ!

OC上級者ならそう思うかもしれないが、俺はOCに関しては若葉マークだ。

これ以上上げておかしくなったらと思うとビビリ症が出てできなかった。

エクスペリエンスインデックスをとってみたら、

CPU 5.3 → 5.9
 
メモリ 5.4 → 6.0


a0093897_20571183.jpg


メモリの周波数を上げていないのだが、なぜかメモリの数値も良くなった。

気になるのはCPU温度だ。


30℃から35℃で推移していたのに、OCしたら40℃から45℃で推移するようになった。

高負荷時こそ55℃付近までしか上がらないから大丈夫だとは思うが、やはり不安要素だろう。

a0093897_20595859.jpg



OCを試した5号機は本来、省電力、省発熱なテレビ用パソコンとして作成したものだ。

実験が終わったら、ノーマルに戻しておくことにしよう。

しばらくは向上した能力を



見せてもらうか!連邦のモビルスーツの実力やらを!



とかいいながら観察してみる事にしよう。

にほんブログ村 PC家電ブログ 自作PCへ
にほんブログ村
[PR]
by yamazakura12 | 2013-02-26 21:03 | 自作PC | Trackback | Comments(0)


クールに格好良くきめたいのに、やる事なすことお粗末すぎる男の日常を垣間見るブログです


by yamazakura12

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カウンター

ブログパーツ

タグ

(449)
(80)
(35)
(26)
(22)
(20)
(17)
(17)
(16)
(15)

外部リンク

カテゴリ

全体
自作PC
ジャンク/修理
TV録画パソコン
auひかり
Windows関連
ゲーム
パソコン
料理
旅行
ハムスター
グルメ
ガンダムオンライン
PSO2
マビノギ英雄伝
マビノギ
自作PC パーツ構成
その他

スマートフォン
買い物
音楽
山勘物語

最新の記事

ブログ移転のお知らせ
at 2016-07-30 18:50
第800話 今度のジャンクマ..
at 2016-07-26 23:04
ギルド活動停止
at 2016-07-25 20:34
第798話 安物買いの銭失い..
at 2016-07-24 15:47
第797話 ジャンクとは動か..
at 2016-07-23 10:49

記事ランキング

その他のジャンル